どうすれば娘がシルバニアファミリー遊んでくれるのかな?お人形を増やしてみた

シルバニアファミリーの新しい建物(森のピザ屋さん)が増えたのですが、5歳の次女がとつぜん遊ばなくなりました。

お店なのに誰も来ない

娘が遊ばなくなった理由は、お店が増えたのに、お客さんが着てくれないからかな?と予想しました。

どうすれば、シルバニアファミリーで以前のように遊んでくれるのかなあ?と思って、私が思いついた2つのことを、長女に話してみました。

  • ゆっくり遊べる場所(空間・時間)を作る
  • お人形を増やしてみる

長女も「いいんちゃ~う?(いいんじゃないの?)」と言っていたので、早速レッツトライ。

シルバニアファミリー 人形

お人形は、さっそくアマゾンで買ってみました。

シルバニアファミリー遊んでくれるかな?

ショコラウサギのお母さん

お客さんが誰一人来ないピザ屋さんに、心が折れてしまったショコラウサギのお母さん。切なそう。この状態のまま、数日放置されていました。

ショコラウサギのお母さんで遊んでいた次女が、全く遊ばなくなってしまったので、どうすれば、また以前のように遊んでくれるのかな?と思って、彼女が留守の間に、遊び場所と、お人形をそろえてみました。

シルバニアファミリーのお人形を単品で買うために、おもちゃ売り場まで行く機会がなかったので、Amazonでネット注文しました。

マシュマロネズミの男の子 かわいい

マシュマロネズミの男の子

今回、購入したのは、マシュマロネズミの男の子
この子は、マシュマロネズミファミリーの息子くん(お兄ちゃん)です。

かわいい。

<余談>
シルバニアファミリー「森のピザ屋さん」店長マシュマロネズミのお父さんを買ったつもりが、間違えて男の子を買ってしまいました。

マシュマロネズミの男の子 レビュー

マシュマロネズミの男の子

マシュマロネズミの男の子は、箱入りで売られています。

マシュマロネズミの男の子 対象年齢

対象年齢は、3才以上。
STマーク、盲導犬(もうどうけん)マークがついています。

マシュマロネズミの男の子

ねずみが苦手な人は、しっぽが苦手な人もいるから教えてあげて。と、長女にアドバイスうけたので、後ろ姿の写真を撮影しました。長いしっぽがついています。

マシュマロネズミの男の子

お人形のズボンは、しっぽの上がマジックテープになっています。

私はお人形の服を着せかえるような細かい作業は好きではなかったので、ずっと同じ服を着せっぱなしでしたが、服も着脱できて、着せ替えできます。
お裁縫ができる方は、洋服も作れそうです。

写真のお人形はこちら↓

さらに…くるみリスファミリーも…

くるみリスファミリー

さらに、くるみリスファミリーも、買いました。かわいいですよね。

お人形もファミリー単位だと、それなりのお値段になるので、クリスマスプレゼントはお人形がやってくるのもいいかもしれません。

簡易的な遊ぶ場所を作ってみました

簡易的ですが、シルバニアファミリーで遊ぶための固定の遊ぶ場所を作ってみました。

シルバニアファミリーの遊ぶスーペース

遊び終わったら、家具を全部取っ払って片付けなくても、小物だけケースに入れればお片づけ完了と言った感じの、簡易的なシルバニアファミリー専用のプレイスペースです。

工夫した点は、
・テレビが見えてしまう部屋に設置したのですが、気が散らないようテレビ画面が見えないように置いたことです。
・片付けてリセットするだけではなく、遊びの続きができるようにしたことです。

カラーボックスでプレイスペースを自作しようか考えましたが、まずは娘の反応を見るために、家にあったレターボックスの上におもちゃをのせて、彼女の帰宅を待ちました。

帰ってくるの待ってるよぉ~!
(遊んでくれるかなあ)

人形と遊ぶ場所を用意したらどうなったか?

私は夕飯の支度をしている間、次女が新しいお人形とスペースに気づきました。
シルバニアファミリーはどうなったのかなあと思って見に行ってみると…。

シルバニアファミリー

くるみリスの子ども達が、イスに座っていました。

くるみリス

しばらくすると、くるみリスファミリーの皆さんが、家族でお店の外のテーブルに座っていました。

ピザ屋さん シルバニアファミリー

向こうからやってくるのは…??

離れた場所に、家があって、ジャンプでお店まで飛んできます。(想像性)

ピザ シルバニアファミリー

ピザがテーブルの上に運ばれました。

また以前のように、シルバニアファミリーで遊ぶようになってくれました。

夕飯ができるまでのテレビを見ていた時間に、シルバニアファミリーで遊んで楽しそうにしていたので、嬉しかったです。

一人で二役

シルバニアファミリー 2役

マシュマロネズミの男の子がピザ屋の店員さんで、くるみリスファミリーがお客さんという設定のようです。

お人形を増やすと、1人2役~3役で遊んでいました。

お人形を手に持って動かしながら、会話や動作の擬態語・擬音語をブツブツと発音しながら、(私にはよく聞こえないくらいの声の大きさで)遊んでいます。

夫も、次女が遊ぶ様子を見ながら、「お客さんがいると楽しいね」と言っていました。

お人形を増やしてみた まとめ

どのくらいのお人形の数が一番楽しいのかな?という疑問は残りましたが、お人形の数が少ないかな?と思った時に、増やすと楽しくなりそうです。

ショコラウサギのお母さんと、女の子だけだったのですが、一気に違う世界観になったなあと感じました。

かわいらしい動物のお人形が部屋にいると、心がほっとしますね。

3歳~4歳児の子育てクリスマスプレゼント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom