2018年7月7日からリニューアル作業を行っています

4歳の室内遊びおもちゃ「ねんど」/こめっこねんどの感想

子どもが家で夢中で遊ぶ、何度買ったかわからないほどよく買うおもちゃが、ねんどです。

こめっこねんど

この日、4歳の娘は、トーヨーのこめっこねんどを買っています。

暑い季節ですし室内遊びも増えるので、長期休みの遊びのヒントになれば幸いです。

幼児のねんど遊び

教育おりがみで有名な株式会社トーヨーの「こめっこねんど」を選びました。

こめっこねんどには、ねんどを混ぜて色を作るための計量カップや、ヘラや、シートもセットになっています。

こめっこねんどの特徴

こめっこねんど

こめっこねんどは、ヨドバシ京都のおもちゃ売り場で購入。おもちゃ屋さん以外にも、本屋さんやスーパーでも売っていて、おねだりされることがありますよね。

主成分に、米粉・食用色素を使っており色鮮やかです。
対象年齢は3歳以上です。

こめっこねんど 色を混ぜる

ねんどってどうやって遊ぶの?と思うのですが、色を混ぜて遊ぶように、箱に解説があります。大人になると理解できますが、4歳娘はまだ興味を持っておらず全く見ようとしませんでした。

こめっこねんど パーツ

色を混ぜて、新しい色を作れる軽量カップは、母としては(すごくいい)と思いましたが、今回、4歳娘が使って色を作ることはありませんでした。

おすしの酢飯とネタを作るのに活用されていました。(創造性)

「こめっこねんど」を使った感想

こめっこねんどで遊ぶ

4歳の娘が、いちばん喜んでいたのは「ヘラ」でした。

ねんどを手で触って感触を楽しんで遊ぶ以外にも、道具をつかった遊びも楽しむようになったので、ねんど遊び用の道具をたくさん揃えるのもいいかもと思いました。

こめっこねんどで遊ぶ

はじめは、指でねんどの感触を楽しんでいました

色がついているので、指に色がつかないか気にしていました。

指が赤くなったりすることはありませんよ。

ねんどで夢中で遊んでくれる

こめっこねんどで遊ぶ

過去に何度か家の中でねんど遊びをしていて、年齢やその時の気分でいろいろな遊び方をしています。

静かに何かを作っていたり、ほかのおもちゃと組み合わせて遊んだりしていることも。

この日は、セットになっていたヘラや計量カップを使って、道具を使ったねんど遊びを楽しんでいました。

ねんど遊びのメリット

こめっこねんどで遊ぶ

ねんどは、いろいろな遊びができます。

保育園や幼稚園で遊び方を覚えてきて、家で新しいねんど遊びをしていることがあります。

小学校にあがってからも、ねんどを使うので、ねんどが好きで興味を持っているなら、遊びたい時に遊べるようにしておくのが理想ですね。

ねんど遊び

私は子どもの頃はねんど遊びが好きで、立体作品作りが特に好きでした。

過去に子どもとねんどで遊んだ時は、立体作品作りが好きなのを活かし、私がねんどで作った食材で、子どもがままごと遊びをしました。

ままごとセットの包丁でねんどを切るのを楽しんでいました。

ねんど遊びのデメリット

好き勝手混ぜるので色が変になる

単色のねんどのセットは、子どもが遊ぶと、何色なのかわからない色のねんどになってしまいます。

色を混ぜて遊ぶ時は色を混ぜたら終了となり、それ以上遊ばず処分することになるので、もったいないと思ったのがデメリットのひとつです。

私は、色が混ざって何色なのかわからない色になるのがとても嫌ですが、子どもは気にしないのでそのまま使っています。

ねんどで、部屋を汚すことがあります。
ぽろぽろこぼれて、掃除が大変だったり、後片付けが面倒だと感じることがあります。

退屈した子どもの対応が面倒になるより、掃除するほうがマシという時ではないと、後片付けが嫌になるかもしれません。
レジャーシートや新聞を敷いて遊ばせます。

一人で遊んでくれる時はラッキーです。

まとめ

ねんど遊びとよく似た遊びで、クッキーやパン作りなども楽しめます。

単色ねんどセットの場合は色を混ぜたり、色でも遊べるのがいいですね。色彩感覚が豊かな子は、色の遊びは楽しいと思います。

ねんどセットを買っておけば、長期保管できるので、お孫さんが遊びに来る時用に買っておくのもおすすめです。

ねんど作品

この日、4歳の娘によって作られた立体作品は「葉っぱの上に転がっているお母さん」でした。おもしろい。

3歳~4歳児の子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom