2018年7月7日からリニューアル作業を行っています

家族で『毛虫のボロ』を見に三鷹の森ジブリ美術館へ

数年ぶりに、東京の三鷹の森ジブリ美術館に、家族で行ってきました。

ジブリ美術館でしか見ることができない、2018年公開の宮崎駿監督の短編映画『毛虫のボロ』が目的です。

ジブリ美術館の入場チケット予約から入館方法までが大変でした。

三鷹の森ジブリ美術館のチケット予約と行った感想

ジブリ美術館のチケットを取った方法

ジブリ美術館に行く際は、「日時指定の予約制の入場チケット」が、毎月10日に翌月分のチケットが発売されます。
参考 チケットの購入方法 – 三鷹の森ジブリ美術館

チケットを取った方法

1ヵ月前にチケットを取る必要があり、7月にがんばってチケットを取りました。

乳幼児がいて「日時変更、払戻しはできない」チケットを1ヵ月前に取るので、(子どもが病気しないかな)と心配でした。

7月10日のチケット販売開始時間ピッタリに、ローソンのロッピーで取りました。奇跡的に「8月お盆期間中、午前10:00入場のチケット」を取ることができました。
7月10日のお昼頃には、売り切れも多く、夕方にはほぼ売り切れていました。

チケット購入時にロッピーで入力した名前が、購入者の名前として券面に印字されます。
チケットに印刷されている名前の人が「美術館入口にてチケット購入者の本人確認」されます。複数人分のチケットを取ると、券面に印字されている人がいないといけません。

『毛虫のボロ』の感想

土星座で見た短編映画は『毛虫のボロ』でした。

映画がはじまると、「クスクス」と笑い声が聞こえてきます。
前に座っている小学生くらいの子ども達が、映画を見てバカウケ!

私の隣に座っている4歳の娘も、映画に目が釘付けのまま、ずっと笑っています。

私もおもしろかったのですが、なぜあんなに笑えるんでしょうね?
笑う理由がよくわからないまま、ついつい笑ってしまうのが、不思議でした。

2階で毛虫のボロの展示もありました。
床に何か転がっていて、ずっと(これ何?)と思っていました。
映画を見た後にまたそれを見ると、娘たちがたまらず、笑っていました。

土星座は、上映スケジュールが決まっています。
毛虫のボロは、2018年3月21日(水)~ 8月31日(金)まで。
参考 映像展示室 土星座 – 三鷹の森ジブリ美術館

企画展示「食べるを描く。」の感想

スタジオジブリの作品の “食のシーン”をテーマにした、企画展示です。

食のシーンをアニメーションで表現するためにどのようにしているのか、原画と共に解説されています。豊かな表現には、「観察力」が欠かせないと学びました。

『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所や、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現されていました。(すごい!)

4歳の娘は、キッチンのセットの引き出しを開けて中を見て、楽しくて目がキラキラしていました。

参考 企画展示「食べるを描く。」 – 三鷹の森ジブリ美術館

屋上にあるラピュタの石碑でしばらく遊ぶ

カフェ「麦わらぼうし」で食べたもの

カフェ「麦わらぼうし」は混んでいたので、テイクアウトを選びます。

麦わらぼうしのホットドッグ(¥500)、山盛りポテトフライ(¥400)、風の谷のビール(¥650)などを買って、外のテーブルで食べました。(セミがうるさかったなあ~)

マンマユートで買ったお土産

次女は、「猫びんあめ」を、お土産に選びました。
参考 猫びんあめとコルクびんあめ[マンマユート便り vol.2]

長女は、ピンクのトトロぬいぐるみのキーホルダーを、お土産に選んでいました。

三鷹の森ジブリ美術館まとめ

・ジブリ美術館の入場チケットを取るのが大変
・ジブリ美術館に入場できれば楽しく過ごせた
・ジブリ美術館は人は多かったけれど、身動きが取れないほどの混雑ではなかった
・三鷹駅からジブリ美術館まで、4歳の娘を歩かせると疲れて昼頃からグズりました
・0歳児はずっとエルゴで抱っこしていて肩が痛かった
・「毛虫のボロ」も「食べるを描く。」も大満足!

【京都→東京】子連れ旅行4日目「三鷹の森ジブリ美術館に行く」の巻
念願の三鷹の森ジブリ美術館に行く日が来た。 名目は「娘が喜ぶだろう!」なのだが、本音は「自分が楽しみ」というのがポイントのお出かけ...
旅行記:東京編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom