ゆで卵を潰す小さめ「マッシャー」が便利!生協のカタログに載っていた選ばれし道具

ゆで卵をつぶすためにマッシャーという道具を買いました。

ステンレスマッシャー
このマッシャーは、京都生協のカタログに載っているのを見て知りました。
このマッシャーを選んだ理由は、

・小さめのマッシャーで使いやすそうと思った
・生協のカタログに載っている選ばれしマッシャーだから良さそうと思った

過去に100円ショップでマッシャーを買いましたが、サイズが大きすぎて使いにくいのと、手入れが大変だったので使わなくなりました。

このマッシャーは買ってよかったな~と思ったところを、ご紹介します。

ゆで卵を潰すためだけに、マッシャーいる?と思いますが、4人の子持ちのお母さんが家事時短にタマゴサンドをおすすめしていて、私も共感!

卵サンドの具だけ作っておけば、学校から帰ってきた子が、自分でパンにはさんで食べたりできる!

ゆで卵を潰すための丈夫で手入れが楽なマッシャー

生協のカタログに載っていたマッシャー

ある週の京都生協のカタログに載っていたマッシャーは、新潟の新越ワークス(Three Snow)のマッシャー

マッシャー

日本製でオールステンレスのマッシャーで、全体的に厚みがあり丈夫なんです!
潰す部分は四角形の穴があいています。

マッシャー 底

強めに力をいれても、安定感があってつぶしやすいです。

マッシャーのサイズ

小型のマッシャーなので、ちょっとした食材をつぶしたい時にも重宝しており、離乳食用の茹でた野菜を潰す時にも、よく使っています。(めん棒より潰しやすいから)

マッシャーでゆで卵を潰しす様子(写真)

マッシャーでゆで卵をつぶす

写真は、卵サンド用のゆで卵を、中学生の娘がつぶしているところです。

ゆで卵1個が1分もかからず、つぶせます。

それほど強い力を入れずに、かためにゆでた白味も、ぐしゅっとつぶせます。

新越ワークスのマッシャー

黄身ごとグシャ!と潰せます。

マッシャーでゆで卵を潰すマッシャーを買うまでは、ゆで卵を包丁で切ったり、フォークで潰したりしていました。

包丁やフォークでつぶせないことはないので、わざわざ買わなくてもいいかな?とも思ったのですが、まんべんなくつぶせるので、案外いいですよ。
また、離乳食用の食材を潰したりするのにも使えて、重宝しています。

卵サンドの具

白味を好きなサイズに潰して、マヨネーズを混ぜて、卵サンドの具にします。

洗い物が増えると面倒なので、マッシャーで混ぜて、マッシャーでパンの上にのせているよ。

小型サイズのマッシャーなので、アボカドペーストやポテトサラダ用のじゃがいも、ちょっと作る時向きです。

丈夫で手入れが楽なマッシャー

新越ワークスのマッシャー

金属の接触部分が少なくて洗いやすいので、卵を潰したあと洗う憂鬱さも軽減しました。

穴の部分が洗いにくそうですが、穴の間隔がちょっと広めだし、四角形の角が丸まっていて角に汚れもたまりにいです。

よく考えて作られているので、使いやすくてありがたい。

さすが、生協のカタログに載っていた選ばれし道具やね!

日本製のオールステンレスのキッチンツールをお探しの方は、この機会にチェックしてみてください。

新越ワークス Three Snow 18-8ステンレスマッシャー

ネット通販だと、500円~600円くらいの価格で売られています。

その他:働く女性たちが考えたマッシャー

他にも、サンクラフトから、”たまごサンド作りの問題点を解決”するための道具として「みじん切りたまごマッシャー」もあります。

壁にかけたりは出来ませんが、こちらは握りやすいハンドルがあるタイプです。

サンクラフト みじん切りたまごマッシャー

働く女性たちが考えた、サンドウィッチが1つでできる時短アイテム♪

サイズ:約 19cm × 4.4cm × 5.5cm
金属部:18-8ステンレススチール
柄部:ポリプロピレン(耐熱温度:90℃)日本製

調理器具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom