はじめての東京「浅草」

20110308-5 はじめての、東京「浅草」

国立科学博物館に行ったあと、あの、浅草に行きました。
私は人生初の浅草です。

雷門のあの提灯、大きいですね。
上野から地下鉄で浅草まで移動しました。
駅から地上に出ると、すごい人、人、人。
かといって、何かある日ではないらしいという、東京の不思議。

京都と違って、浅草はお祭りみたい。

雷門から本堂(観音堂)へ

雷門から本堂(観音堂)へ

雷門から、本堂(観音堂)まで進もうとすると、人が多く、スムーズには動けなさそうです。
途中で娘が気になりそうなお店があり、動物のぬいぐるみを売っているお店で動かなくなったりするので、お店の裏側の道を歩きました。

雷門の「正式の名称は、風雷神門(ふうらいじんもん)」と言われ、
大提灯は「直径3.3m、高さ3.9m、重さ700kg」あるそうです。基礎知識だと思います田(汗)
参照:雷門 – Wikipedia

東京スカイツリーが見えた

20110308-7 はじめての、東京「浅草」

目的の場所はまだ先、私は周りの景色を見ていました。

「あれは何ですか?」
「こんなところからも見えるんだ。東京スカイツリー。」
「東京スカイツリー?聞いたことがあるなあ。」

ということで、ちょっとだけ耳にしたことがある、東京スカイツリーを見ることができました。
東京タワーは、まだ一度も見たことないんだけどな。

本堂の天井絵「天人之図」

本堂の天井絵「天人之図」

本殿にはいることができましたが、わたしがこれは東京だから?!とおどろいたのは、天井の「天人之図」と、あのネズミさんかと思わせる風船が不思議なコラボをしています。

浅草寺 本堂のページを見ていると、この「天人之図」は堂本印象の画とのことですが、これはもしかして、京都にある京都府立 堂本印象美術館の堂本印象氏なのでしょうか?

屋台でカルメ焼きを買う

20110308-9 はじめての、東京「浅草」

本殿をあとにして帰ろうとすると、屋台が目に入り、カルメ焼きを買いました。
娘はカルメ焼きをかじりながら、夫は無表情で、私は(浅草ってこんなところなのかー)と思いながら、どこか東京の不思議な一面を見たような感覚が残ったまま、浅草を後にしました。

関連カテゴリーはこちら
旅行記:東京編

関連記事

関連キーワード

公開日:2011年03月08日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+