NEW! 2019年1月 インスタはじめました!

2012年の家計簿は「クロワッサン特別編集 家計簿 2012」にしました

講談社のお料理家計簿を使っていましたが、 2012年からは「クロワッサン特別編集 家計簿 2012」を使うことにしました。 お値段1冊500円。

クロワッサン特別編集 家計簿 2012 表紙

2011年の家計簿を見ていると、マクドナルドを利用した回数が多く、ハッピーセットのおまけのおもちゃを処分しながら、来年はもっと違うものを食べに行こうと思いました。


家計簿をつけると、家計をふり返ることができるので便利です。
家計簿は記録し忘れることが多いので、できるだけシンプルな「クロワッサン特別編集 家計簿」にしました。


クロワッサン特別編集 家計簿 2012のレビュー

2012年版の特別企画は「家計の断捨離」

クロワッサン特別編集 家計簿 2012 特別企画はやましたひでこさん

クロワッサンの家計簿2012年版の特別企画は「断捨離」のやましたひでこさんインタビュー「家計の断捨離」。

帯をはずすと表紙はとてもシンプルです。
カバーもついておらず、中身も、2色刷で写真やイラストも特集ページ以外はありません。

1月1日始まりで日付が書きこまれている家計簿

家計簿は1月1日からはじまります。

書き込む費目は「食費、外食、日用品、交通費、レジャー・教養・娯楽費、衣料費、美容費、教育費、医療費、交際費」です。
お料理家計簿との違いは、食費の内容を細かく分けず、食費と外食になっていることなどです。

1週間に1つ「節約上手の知恵袋」というコーナーがついています。

1日1週間1カ月1年単位でまとめられます

今月もなんとか乗り切りましたと、しみじみ思いながらまとめたりするページ。
というわけで、来年はこの家計簿を使いたいと思います。

去年使った、レシート貼るだけ家計簿は、半年くらい続けてみたのですが、レシートが貯まっていくのがだんだん苦痛になってきて、ギブアップ。


私は家計簿につけたらレシートは捨てていたので、貼るのもいいかも?!と思って買いましたが、書き込み終わったレシートを捨てることで気分的にスッキリしていたので、レシートを(貼らなきゃ…貼らなきゃ…)という焦りが増して辛くなりやめました。

今年は、家計簿には、ふせんやマスキングテープを使って、工夫してみようかなと思います。

▼最新版の家計簿はこちら

今年の家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom
タイトルとURLをコピーしました