京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬け

P1041691 京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬を知っているかい
京都のスーパーでは、こんなお漬物を見かける季節となりました。
これは、京都の三大漬物のひとつと言われる、すぐき漬。乳酸発酵漬物です。
年末から年明けくらいから去年収穫されたすぐきがスーパーに並んでいました。
すぐきは、千枚漬と同じく高級品なので自宅で食べるものは安価なものを購入しますが、
私が贈答用に、千枚漬やすぐきを買うのは、このお店です。
御すぐき処なり田

すぐき漬けは高級贈答品だった

P1041693 京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬
今では誰でも気軽に買えるようになっていますが、江戸時代初期から上賀茂の特産漬物として洛中の上層階級の人に贈られて、食べられていたようです。

すぐき漬は乳酸発酵漬物

P1041694 京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬け
すぐき漬けは、いろんな乳酸菌が含まれており、乳酸発酵漬物だそう。珍しいものみたい。
だいぶ前に、すぐき漬からラブレ菌が発見されたという話題をお店で見ました。
食べると、ちょっと酸味があり、買ったところによって、味がちょっと違っています。
実は、私の実家にこのすぐき漬を手土産に持っていったところ、やや反応がよろしくなかったのです。

千枚漬とすぐき漬け

四国の実家に手土産に京都の漬物として持っていくと、千枚漬などのさっぱりとした上品なお漬物のイメージもあるため、京漬物への期待度が高すぎて、すぐき漬けはあまり「おお~!」という反応がいただけません。
P1041695 京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬け
千枚漬は、昆布を使って酢漬けした浅漬け。昆布のとろみや、甘酸っぱい感じが好評です。
すぐき漬は、すぐきと塩を発酵させたら、乳酸発酵漬物で、酸味と塩味の、素朴なお漬物。
あと、柴漬けもあり、柴漬けは、味が想像できるためか、無難だけど好評です。
でも、すぐき漬は、そもそもすぐきが手に入らないのと、自宅で作れない、そして京都以外であんまり売っているのを見た事がないので、いちばん珍しいと思いますよ。
<お取り寄せはこちら>
御すぐき処なり田
年末から年明けにかけて、すぐきの新漬けの注文が出来るようになっています。
添加物を使用しておらず賞味期限が短めなので、そこだけ注意してくださいネ。
オンラインショップ限定のお試しセットもあります。
追記:2012年1月9日
P1071960 京都の本格的な乳酸発酵漬物、すぐき漬け
上賀茂神社に初詣に行った時に、すぐきにまつわる展示を見ました。
P1071961 すぐき

関連キーワード

公開日:2013年01月06日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+