子ども服の屋外干しにはキッズ10連ハンガーが便利

洗濯を干しているわが家より、子ども服を干すのに便利で愛用している子ども服用10連ハンガーをご紹介します。

子ども服用の10連ハンガーに出会ったのは、5~6年以上も前のこと。今では「洗濯物を干さないスタイル」も普通になりつつありますが、わが家では今だ洗濯物を屋外に干しています

今は、未就学児が2人いて子どもの洗濯物もそれなりの枚数があります。そんな、洗濯を干している私がこの10連ハンガーがいいなあと思っているところは、

  1. ベビーサイズの小さな服でもハンガーにかけて干せる
  2. 場所をあまりとらないでコンパクトに10枚干せる

バラバラにならない子ども用の洗濯ハンガー

わが家で今使っているのは、西松屋のキッズ10連ハンガーです。

子ども服は大人サイズのハンガーに干すとうまく干せずにイライラしたので、初めはベビーサイズのハンガーを買いました。

しかし、ハンガーで干す一連の工程×枚数分にストレスを感じていました。(すぐにイライラしてしまう!)

バラバラにならない 10連ハンガーが洗濯に便利

キッズ10連ハンガー

そんな折、西松屋の通販を使う際に、洗濯スペースがコンパクトになりそうと試しに買ったのが、子ども用の10連ハンガーでした。その時からずっと、子ども服用の10連ハンガーを愛用しています。

ハンガーが取り外せるタイプも試しましたが、繋がっていて一体化しているほうが使いやすいと思いました。

西松屋以外のキッズ用ハンガーも買ったことがあるのですが、数年使っているとどこで買ったのかわからなくなるので、結局西松屋でついで買いしているので、ここ数年は、ほぼこれを使っています↓

西松屋 10連ハンガー

使わない時は折りたためます。上の写真は、西松屋の通販で買ったものが届いたところです。

店頭でもこのパッケージで売られていると思います。(2019年9月時点の情報)

10連ハンガー使い方

私は主に、キャッチ型フックで洗濯竿に固定して使っています。

こんな感じです。

フックを固定

フックは回転するので、その日の洗濯物の量に合わせて、縦にしたり横にしたりしています。

外で干すと紫外線や暑さ・寒さにさらされて辛いので、家の中で洗濯ハンガーに服を干してから、外にある洗濯ざおに洗濯ハンガーをひっかけています。

10連ハンガーの交換タイミング

こういう部分が壊れて新しいものと交換する

基本、屋外に出しっぱなしなので、連結部分のパーツが壊れた時に、新しいものに交換しています。

壊したりせず、劣化で壊れるまで、長持ちすれば2~3年使えたので、なかなか良いのではないでしょうか。

10連ハンガーに干すと省スペースでも乾きやすい

子ども服を何枚も干す

一定の間隔で服が干せるので、乾きやすいです。

干せる枚数は10枚と決まっているのが不便かもしれませんが、洗濯用のハンガーが増殖・減少しなくていいし、ハンガー管理もしなくていいのが嬉しいんですよ。

今は幼児が2名いるので、10連ハンガーを2つ用意しているのですが、平日の洗濯では1つで干す場所は間に合っています。

0歳ベビーの子育て 洗濯グッズ/洗濯洗剤
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom
タイトルとURLをコピーしました