野菜が蒸せた♪(じゃがいも、ししとう、ニンジン)

P6247015 野菜を蒸した(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
今、私は最近買った蒸し器に夢中。
この記事は、野菜が蒸せたことを話題にしている記事です。
単純に、野菜を蒸し器で蒸すことがおもしろい!
ということが言いたかっただけだというのを、先にお伝えしておきます。

蒸したじゃがいも

P6247009 野菜が蒸せた♪(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
芋を蒸す。特に、さつまいもを蒸すというのはすぐに思いつきました。
さつまいもは無かったので、この日はじゃがいもを蒸してみました。
これが蒸す前のじゃがいも。
蒸籠(せいろ)に、クッキングシートをしいて、よく洗ったじゃがいものを切ってのせただけ。
P6247017 野菜が蒸せた♪(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
見ただけでは、何も変化がありません。
形も変わっていないし、じゃがいもの色もそれほど変化なし。

私は、なぜクッキングシートを使っているのだろう?

ところで、私はあまり意識せずに、セイロの底にクッキングシートと呼ばれている、キッチン用品を使いましたが、なぜ使ったのでしょうか・・・?
これは、クッキーを焼く時に使おうと買って家においてあったもの。
今回はじめてこういうセイロの蒸し器を使っていますが、説明書きを注意深く読み、クッキングシートを使いましょう。という記載も読んだ記憶はないです。ただ、なんとなく使っていた理由は何?
蒸し野菜に、このクッキングシートを使うことは正解なのか、わからなくなってきました。
どうなのか調べていると、セイロの汚れ防止や、食材がくっつきにくくするには、よく使われているということがわかり、野菜を入れただけの蒸し野菜は特に必要ないのかな?と思いました。
P62670701 野菜が蒸せた♪(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
野菜を蒸すのにクッキングシートを使うメリットとしては、お皿にうつしやすい。
デメリットとしては、クッキングシートは消耗品なので勿体ないくらいでしょうか。

蒸したししとうとニンジン

P6247013 野菜が蒸せた♪(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
芋以外の野菜も蒸してみました。ししとうとニンジンです。
野菜の下に、グリーンリーフをしき、その下はやっぱりクッキングシート。
蒸す前の野菜の配色がきれいで、美味しくできそうな予感しかしていませんでした。
が・・・。
P6247015 野菜を蒸した(じゃがいも、ししとう、ニンジン)
見てください。
ししとうの色が・・・変わってしまった・・・。
作る側としては色が変わって(あちゃ~・・・)と思ったけど、食べる側はどうでもいいようです。
野菜をゆでるより今は蒸すほうが楽しいし、お皿に盛り付けたり、味をつけなくても、セイロに入れたまま食卓に出すと、珍しいのか、美味しく見えているのか、夫と娘は食べてくれます。
反応は良い感じだなと思いました。

蒸し野菜クリア

私が使っている蒸し器については、こちらの記事でどこで買ったのかも書いています。
鍋とセイロがセットになっている蒸し器で、小さめのものです。
これで蒸せる!鍋とセイロがセットになった小ぶりな蒸し器
前の記事でも書いている、作ってみたいものをちょっとずつクリアしていきます。
蒸し野菜は、私でも簡単だったので、調子にのって何度も作っています。
小籠包!!!
■ 蒸しパン
■ 蒸し野菜 → くりあ!
■ 肉まん
蒸すと美味しくなったり、他の調理法よりパワーアップする食材もあるそうなので、それは後々研究していくことにして、次は、蒸しパンを作ります。

関連カテゴリーはこちら
調理器具
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日: