寿司屋で良く食べている赤貝を買った

20100426-5 寿司屋で良く食べている赤貝を買ってみた
回転寿司屋で良く食べるネタといえば、赤貝。自宅で食べたことがない、赤貝。
先日、スーパーの魚介類売り場で見つけた、赤貝。お値段、398円(1個)。
他のスーパーで見た時は、1つ700円くらいの時もありました。魚屋さんでも売っているのを見て、そこでも1個700円くらいでした。

やった~!自宅で赤貝が食べられるよ!と喜んだはいいものの、結論からいうと、たぶん回転すし屋で食べるくらいでいい。ということに、夫婦で意見が一致しました。

赤貝でかい

20100426-6 寿司屋で良く食べている赤貝を買ってみた
赤貝をスーパーで購入した日、しじみも特売だったので、しじみも買いました。
赤貝としじみをくらべると、赤貝がいかにサイズがでかい貝なのかがよくわかります。(写真:小さい貝がしじみで、大きい貝が赤貝です)

どうするの?赤貝

20100426-7 寿司屋で良く食べている赤貝を買ってみた
スーパーの魚介類売り場の店員さんに、赤貝の食べ方というか、調理の仕方を聞きましたが、いざまな板の上にのせたとき(どうするの・・・。)という気分が漂います。聞いた通りにやろうとしますが、そうやすやすと素人が赤貝をどうにかしてやることはできません。殻が空きません!!!
赤貝を捌く道具がなかったので、以前カキの殻を開けた道具で殻をこじ開けました。力技です。

あ・・・赤いよ!!!怖いよ!!!

写真を載せようかと思ったのですが、怖かったのでやめました。
赤貝の殻をあけると、いきなり謎の赤い液体が大量に貝の中から出てきました。
なったことはありませんが、殺人事件の犯人になったかのような気分になるほど、赤い液体が出てきます。正直、一瞬ひるみます。

 赤貝は二枚貝で、大きいものは殻の長さが約12cmくらいになり、血液中に血色素ヘモグロビンを含むため、肉は赤色をしています。
むつ市のうまいは日本一!「赤貝」 – 青森県むつ市

赤い色は、どうやら赤貝の血液で、人間と同じような血色素を含んでいるので、一瞬(殺人事件?!)と思ってしまうのは、それほど間違った感覚ではなかったのかも。
貝は捌きたてが美味しく、熱を加えると特有の臭みがでるそうです。わが家でも刺身で食べることにしました。(参考記事:赤貝の捌き方・・その1 – 経営者会報 社長ブログ

え?!これだけ?

20100426-8 寿司屋で良く食べている赤貝を買ってみた
赤貝マジック。
大きな貝から出てきたものは、これだけ。想像していた量より少ないです。
写真で見ると、まあそんなもんだろう。と思うかもしれませんが、実際に赤貝を捌いたものを皿にのせてみると、あれ~??という気分になりました。エラのようなものもありましたが、除いています。
味は、美味しいです。
娘は、赤貝を食べて「めろんのあじがする」と言っていました。メロン?
赤貝は、なかなか手に入らないことと、家族分の刺身を作ろうとしたらおそらく1200円くらいかかりそうなので、おすし屋さんでちょっと食べるくらいがいいのかな。と思ったのでした。

参考/関連サイト

関連カテゴリーはこちら
食材
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2010年05月05日
更新日: