【感想】1歳と5歳に学研ニューブロックをプレゼントしてみた結果

1歳の子どもへのクリスマスプレゼントに、積み木かな?レゴがいいかな?と迷った結果、学研のニューブロックをプレゼントすることにしました。

当記事では、ニューブロックを選んだ理由、1歳と5歳がどのようにして遊ぶのかまとめています。子どもへのプレゼントに、ニューブロックを買おうかどうか検討中の方の参考になれば幸いです。

結論からすると、ニューブロックが欲しいと言った5歳娘には大ヒット

1歳息子には贈った当時は少し早かった感じはしましたが、2歳過ぎるとブロックをつなげて集中して遊ぶようになりました。

学研ニューブロックのレビュー

1歳の息子のクリスマスプレゼントに、ニューブロックを選びました。

彼は3人目の子ですが、ニューブロックは今まで上の子にも買ったことがなかったおもちゃでした。

もっと前に買っておけばよかったな~と思ったので、ご紹介します。

ニューブロックは学研ステイフルのおもちゃ

学研のニューブロック

ニューブロックは、学研ステイフルのプラスチックブロックのおもちゃです。

1960年にユニブロックとして発売され、1970年代からニューブロックとして発売されたロングセラー商品です。
ニューブロックスーパーラボ

ニューブロックを選んだ理由

  1. 子どもが欲しがった(5歳娘)
  2. 予算3,000円くらいで買えたから
  3. 子どもが投げてものを壊す可能性が低そうだし、踏んでも痛くなさそう
  4. 片付けるための箱がセットになっている

子どもが欲しがった(5歳娘)

5歳の娘に、サンタさんからのクリスマスプレゼントに何を頼もうか考えてもらっていたある日、突然「ニューブロックがほしい」と言い出しました。

1歳弟がニューブロックをもらうことに決まったのを知って、自分も欲しくなったと言っていました。

予算3,000円くらいで買えたから

ニューブロックの『はじめてのセット1』『おはなのセット』が、3,000~4,000円くらいで買えます。

Amazonで価格をチェック 学研ニューブロック はじめてのセット1
Amazonで価格をチェック 学研ニューブロック おはなのセット

子どもが投げてものを壊す可能性が低そうだし、踏んでも痛くなさそう

1歳息子へのクリスマスプレゼントには、木製の積み木を選ぼうかと考えていました。
しかし、積み木だと投げて怪我や何かを壊したりするかもしれないと思い、プラスチック製のブロックの中から、踏んでも痛くなさそうな、ニューブロックを選びました。

床にブロックを出して遊んでいる横を通っていて、ついうっかりブロックを踏んでも、足が痛くなくてよかったです。あと私が全力で踏んでも、幸い壊れなかったので、丈夫だなと思いました。

ひつじのパーツだけ、子どもが噛んで壊してしまいました。噛みごこちがよかったのでしょうか……。

片付けるための箱がセットになっている

ブロックを片付けるためのしっかりした箱がセットになっていたのも魅力でした。

これがあるので、遊んだあとに箱に片付ける習慣がつきました。ありがたい。

ニューブロックの対象年齢は1歳半から

ニューブロックの対象年齢、商品ラインナップ
ニューブロックの商品ラインナップ(取扱説明書を撮影したもの)

ニューブロックの対象年齢は、1.5歳から。

1歳半からブロックで何かを作って遊んだりするのかな~?と思いつつも、成長したら遊べるしいいか~と思いました。

1歳に選んだニューブロック

このセットを選んだのは、どうぶつのパーツが入っていたからです。

1歳だとまだ何かを作って遊ばなさそうだったので、ブロックの数や種類は多くなくてもよさそうでした。箱がセットになった「はじめてのセット」を選びます。

ニューブロック どうぶつのパーツ
はじめてのセット1 どうぶつのパーツが好評
はじめてのセット1のパーツの種類と数

2歳くらいになると、ブロックを「つなげる」ことができるようですね。

1歳息子が作ったニューブロック作品

1歳はまだブロックを組み立てることができませんでした。

手に持って遊んだり、箱をひっくり返してブロックを全部出したり、ブロックを箱に入れたりしています。

写真はお姉ちゃんが作ってくれた、タイヤの付いた車です。これを「ぶ~ん」と言いながら走らせて遊んでいました。

1歳はブロックを箱から出すのは出来ますが、お片づけは自分だけではできないので、片付けるのは親だと思っていていいかと思われます。

あまりたくさんの数のブロックがあると親の片づけが大変になるデメリットもありますね。

【追記】2歳 のニューブロック作品

ニューブロックで作ったもの2歳
2歳になってつくったもの

2歳になった息子は、ブロックがつなげられるようになりました。

ブロックをつなげられるようになると、楽しくなってくるのか、一人で 10分~30分くらいブロックで遊んでいます。

2歳1ヵ月でブロックを四角い形にすることができるようになりこんなものを作っていました。

5歳女の子に選んだニューブロック

5歳娘は、かわいいピンクの箱のセットがあったので、おはなのセットを選びました。

中を見ると、お花やどうぶつのパーツが入っている他にも、ブロックの色がかわいいので、とても喜んでいました。

おはなのセット ブロックの色がかわいいと好評
おはなのセット ブロックの色がかわいいと好評

ブロックが届くまで、こんなにかわいい色だとは知らなかったので、このセットを選んでよかったと思いました。

5歳娘のニューブロック作品

5歳の娘は、すでに保育園で遊んでいるので、集中してすぐに色々作り始めました。

おうちを作って、セットになっていたお人形のパーツでお人形遊びをはじめていました。おそらくこれほどまで作れるようになっている理由は、保育園にも同じブロックがあるので、先生やお友達と一緒にたくさん遊んだからじゃないかなと思っています。

5歳になると、後片付けもできるようになるので、遊び終わったらちゃんと箱の中にしまってお片づけしています。(ここまで成長するまでが長い!)

【追記】6歳のニューブロック作品

未来の道具らしい

6歳になった娘は、他にもやることがあり忙しいのかブロック遊びは卒業気味でした。

それでもたまに何か作っていて、先日片手間で作っていたのが未来の道具でした。

学研ニューブロックをプレゼントしてみた結果

動物が乗った宇宙船

5歳の娘が思っていた以上に喜んでくれて、ブロックで作品を作って夢中で遊んでくれたのでよかったです。まさか、いきなりこのような超大作を作るとは思ってもいなかったので、母は驚きました。

1歳では、何かを作って遊ぶことはありませんでしたが、成長して遊び方が変わっていく様子を見られると思うと、楽しみです。

子どもでも持ち運べるサイズのしっかりした箱がセットになっていて、後からブロック専用のおもちゃ箱を買う必要もないのもよかったです。

1歳~2歳児の子育て3歳・4歳・5歳児の子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom
タイトルとURLをコピーしました