2018年7月7日からリニューアル作業を行っています

新生児から使えるスリング(抱っこひも)キャリーミー!プラス

ママ向け雑誌で紹介されている、コンパクトでかわいくて便利な抱っこひも(スリング)。

雑誌で紹介されている「抱っこひも」はキャリーミー!プラス Photo by キティ

キャリーミー!プラスという、ベッタの商品で、自分買いにも出産祝いにもよさそうだと思ったので、話題にします。

雑誌「赤すぐ」、「ひよこくらぶ」、「Pre-mo」、「Baby-mo」などのママ向け雑誌にも掲載されているので、知っている方の方が多いかも?

キャリーミー!プラスは、抱っこひもで、新生児から11.3キロまで使えます。

はじめての出産の時、「首がすわる前も使える抱っこひもってどれだろう?」と、疑問に思っていたので、この抱っこひもを知っていたら、私も買っていたと思います。

キャリーミー!プラスのこだわりは「素材 品質 快適さ」

雑雑誌で紹介されている「抱っこひも(スリング)」はキャリーミー!プラス Photo by キティ

赤ちゃんのものだから。安心できるものがいい。ということで、
ベッタのスリングのこだわりポイントは、「素材 品質 快適さ」

◆素材
綿(コットン)100%

◆品質
赤ちゃんのものだからと、1枚1枚ていねいに縫製されています。日本製。
こまやかな裁縫から生まれる安心さも魅力的。

◆快適さ
赤ちゃんをずっと抱いていると肩に紐が食いこんで痛い・・・。と言った経験があるので、肩ひもの幅の広さと、持ち運びの便利さ、洗濯が出来ると言った使い勝手の良さがよいと思います。

写真の柄は、ベッタ キャリーミー! プラスのモノトーン(ドット)です。

キャリーミー!プラスの肩ひもの調節

雑雑誌で紹介されている「抱っこひも(スリング)」はキャリーミー!プラス Photo by キティ

肩ひもの幅は、12センチメートル。
肩ひもの後ろにあるファスナーの組み合わせを変えると、長さを調節できます。
赤ちゃんの抱き方にあわせて、
身長の違う、お母さんとお父さん兼用のアイテムとしても使えます。

雑雑誌で紹介されている「抱っこひも(スリング)」はキャリーミー!プラス Photo by キティ

長さは42、48、54、60cmと6cm刻みで調整可能。

新生児から使える 抱き方バリエーション

新生児のときは、横抱き。
首がすわったら、たて抱き。

他にも、さかさ抱き、腰抱き、カンガルー抱きと言った抱き方のバリエーションがあり、ベッタのサイトでも、抱き方の説明が掲載されています。

私もはじめて出産したとき、

新生児のときや首がすわるまでは、抱っこひも使えないよね~。

と思い込んで、抱っこひもが使えることを知りませんでした。

ちょっとそこまでのお出かけの必要がある時、ベビーカーが必要だと思い込んでいました。
数回あるかないかの新生児のお出かけのために、A型ベビーカーを買うのもなあ…。抱っこでしのぎたい…。と、思ったりしました。

デザインがカワイイがよい◎

雑誌で紹介されている「抱っこひも(スリング)」はキャリーミー!プラス

無地から柄物までデザインがかわいいのが魅力。
サイズや季節を選ばず、出産祝いにもよさそうですね。

公式通販はこちらです。
キャリーミー!プラス

キャリーミー!プラス(ベッタベビーストア公式)

おそろい柄のエコバッグプレゼントキャンペーンもやってます。
Bettaオフィシャルサイトからは、通販・カタログ請求もできます。

哺乳瓶や、スリング、母子手帳ケースなど、赤ちゃんグッズがあるよ。
この記事の写真:Photo by ちびっこ育児の体験日記

家族・友人への贈り物0歳ベビーの子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom