2018年7月7日からリニューアル作業を行っています

JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。

20100108 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。
七草粥を食べるというのを、思いだしたのは、1月7日の夕方…。
去年、七草粥は朝食べるものだというのを知ったというのに、今年は覚えていませんでした。
参考記事:明日(1月7日)は七草粥を食べる。朝食べないといけないらしい?!
風習だけ残っている。と言われているように、正直わたしも、本来の意味は実は知りません。
Wikipediaにあるような意味「邪気を払い万病を除く」は情報としては知っていました。ちょっとしたおまじないを信じる気持ちみたいなのと、1月の行事として、我が家でも七草粥を食べます。

7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。
七草 – Wikipedia より引用

今年も、JA西条の「西条の七草」を購入して、七草粥を夕飯に食べました。
今年は去年の記事を少し発展させて、春の七草ってどんな草?というのを、記録したいと思います。


七草 – 春の七種 – Wikipediaと、JA西条の春の七草部会のサイトを参考に、どれがどういう名前なのか確認しました。
すずな、すずしろは、自信がありますが、それ以外が少し自信がなく、間違っていたらすみません。特に、セリ、ナズナ、ホトケノザが見分けられなくて、困りながら記事を書いています。

せり、なずな、ごぎょう

20100108-5 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 せり
芹(せり) セリ セリ科
セリ – Wikipedia
あまりなじみがないのでわからないのですが、料理をしていて、独特の香りあったのがこれだったので、これがセリじゃないのかなあと思っています。小さな白い花が咲くんですね。「土壌水分の多い場所や水辺の浅瀬に生育する」というのを見て、そこに生育していそうな根だったのでこれかなあと思いました。
20100108-6 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 なずな?ほとけのざ?
薺(なずな) ナズナ(ぺんぺん草) アブラナ科
ナズナ – Wikipedia
ぺんぺん草はわかります。しかし、葉っぱだけになると、わからないので、これかなあ・・・とおもって選択。白い花と、耳元でペンペンすると音が聞こえるという遊びをして、花の部分とハートの部分は印象に残っていますが、葉っぱは全くわかりません。
20100108-4 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 ごぎょう
御形(ごぎょう) ハハコグサ(母子草) キク科
ハハコグサ – Wikipedia
ごぎょうは、道端でもよく見かけているし、葉も白い綿のようなものがついた葉なので、わかりました。黄色い花が咲いているのが記憶にあります。

はこべら、ほとけのざ

20100108-3 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 はこべら
繁縷(はこべら) ハコベ(蘩蔞) ナデシコ科
ハコベ – Wikipedia
白い小さな花が咲いていて、広い面積に生えている印象があります。密集した群落なんて書かれていますが、ハコベの塊が畑の隅にできて、私が小さい頃はそれをむしり取って、鶏のえさにしていた記憶があります。
20100108-2 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。  なずな?ほとけのざ?
仏の座(ほとけのざ) コオニタビラコ(小鬼田平子) キク科
コオニタビラコ – Wikipedia
名前に少しだまされていたというか、ホトケノザといえば!というのとは違うみたいですね。
春の七草に書かれているのですが、私が知っている(イメージした)ホトケノザは、シソ科のほうのものだと思うので、これかなあ・・・と、迷ってこれをチョイスしました。間違っているでしょうか?

すずな、すずしろ

20100108-1 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 すずな
菘(すずな) カブ(蕪) アブラナ科
カブ – Wikipedia
すずなという言い方はなじみがありませんが、カブといわれるとわかります。スズナ(鈴菜)と、漢字で書かれたら、鈴みたいな形だから、鈴菜だと思うと、なるほどなあ~。と思います。
20100108-7 JA西条、春の七草。しまった、七草粥を夕飯に食べる。 すずしろ
蘿蔔(すずしろ) ダイコン(大根) アブラナ科
ダイコン – Wikipedia
すずしろも、すずなと同じく、ダイコンといわれると、なるほどなあと思います。葉の部分がスズシロ(清白)と呼ばれているそうで、これは少し覚えにくいですね。

春の七草、家族のみなさまの反応は?

夕飯に、七草粥を土鍋で作って、食卓に並べました。
帰宅して、夕飯をみた夫さんは「七草粥の日か!」と、すっかり忘れていたようです。
私もすっかり忘れていました。スーパーで野菜売り場を見ていて気づきました。
娘は、お昼に七草粥を食べていましたが「これすきー!」と、おかわりしました。
一人暮らしをしていた時期は、まったくこういった季節や行事の食卓とは縁がなかったのですが、子どもが生まれると、おせちにはじまり、七草粥に、節分の日、お節句といった、季節を感じる食卓になるので、作る側も食べる側も、そんな季節になったなあ・・・と、四季を感じます。

参考/関連サイト

JA西条の七草購入者向けプレゼント情報
平成22年1/1~1/7に「西条の七草」ご購入の方に抽選で100名様に
「JA西条のお米ひのひかり5kg」が当たる
平成22年1月7日(木)~平成22年1月18日(月)(当日消印有効)
参考:春の七草部会/七草 – 春の七種 – Wikipedia
JA西条ホームページ – 愛媛県
七草パスタの作り方(4人前) – JA西条ホームページ
明日(1月7日)は七草粥を食べる。朝食べないといけないらしい?! – RouxRil Mom

参考/関連アイテム

行事食
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom