2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿

20101216 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
2010年ははじめて、講談社のお料理家計簿を買って使いました。
そろそろ、家計簿を買う季節だなあと思っていたので、家計簿を買いに本屋さんへ。
講談社のお料理家計簿ははじめて使い、気に入ったので2011年版も購入しました。
家計簿や手帳にちょっとした情報が載っているものがあるかと思いますが、この家計簿は「お料理家計簿」というだけあって、季節にあわせた料理の簡単なレシピが載っています。他にも「暮らしの経済」という小さなコーナーもあります。付録で、下敷きになるシートと、しおり、カレンダーがついています。

2011年お料理家計簿のお話し

20101216-2 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
講談社のお料理家計簿は2010年が60周年だったので、今年は61年目の家計簿です。
値段は1冊1000円以内で買えます。付録やカバーもついていて便利ですが、表紙や中身は、カワイさより、使いさすさが凝縮された感じになっているのではないでしょうか。
講談社のお料理家計簿のはじまりは、2010年12月19日(日)から。
終わりは、2011年12月31日まで、年月日・曜日は、はじめから書かれています。
いつからでも始められる家計簿はありますが、使っているとだんだん日付を書き込んだりするのが面倒くさくなるので、私は日付が始めから印刷されているものがいいと思い、選びました。
この家計簿も、自由日付というスペースはありますが、どうやって使うのか私は分かりません。
20101216-1 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
2010年度版では体験談が募集されていました。
私は、今年この家計簿デビューだったので、応募できませんでした。勝間和代さん、柴門ふみさん、吉沢久子さんが審査員講評があり、

家計簿は日記よりも生活を雄弁に語る 勝間さん
家計簿の数だけ女の人生がある 柴門さん
家計簿は『生活を数字でつかむ資料』 吉沢さん
P6-P8より

と、書かれていました。
家計簿をつけることは安心があるというようなことも見てなるほどなあと思いました。

もう少し家計簿を工夫しようと

20101216-6 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
手書きで家計簿をつけようと思って買った、お料理家計簿。
月のはじめは、カレンダーもついており、昔から行われている行事を把握するのにも便利です。
ただし、この家計簿は、書き込むタイプで1年分の記録をつけていくことになりますから、それぞれのページに何かを貼ったり、特にレシートを貼ったりすることができませんでした。ボコボコして、書きにくくなってしまいます。
数字を書き写して、レシートは別に保存していましたが、わたしはそれがなんだか気持ち悪くなります。レシートに印刷されている文字がドンドン薄くなってしまうものもあったりして、いったい何が書かれていたのか不明なレシートも。別にそれほど重要ではないのですが、文字が薄くなるなら保管しておかなくてもいいかなと思ったりもしました。
家計簿とセットで1年分まとめて保存する方法がわからず、今年はレシート用にもうちょっと工夫してみようと思っていました。

2列式 新レシート貼るだけ家計簿を追加

20101216-3 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
レシートどうしようと思っていたら、こんな家計簿を発見しました。
「レシート貼るだけ家計簿」というものだそうで、面白そうだと思い使ってみようと思いました。
この家計簿は特許出願中らしく、馬場由貴さん発案、丸田潔さん監修のもので、値段は500円くらいでした。
20101216-4 2011年の家計簿は、講談社のお料理家計簿とレシート貼るだけ家計簿
いつからでも使えるタイプで、記入・計算は一切不要!と書かれています。
(一切不要じゃないじゃん!)とは思いましたが、まあいいです。
テープのりが便利だそうで、レシートがない場合は付せんを貼ったりするといいようです。
また、提出が必要なものはセロハンテープで貼っておくと後ではがせるというような記載がありましたが、マスキングテープなんかだと、はってはがすことができ、カラフルなものもたくさんあるので、わかりやすくなりそうだと感じました。

参考/関連サイト

参考/関連アイテム

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+