子どもが風邪をひいたので、お粥のようなものを作った。(5日目)

20080701 子どもが風邪をひいたので、お粥のようなものを作った。(5日目)
なんだか急に暑くなったようなムシっとした感じになったので私は体調が悪く、同じく娘も体調を崩した。娘は保育園ではやりの風邪をもらってきたようで、咳と熱の症状があり、少し食欲がない。ということで、今日はお粥にしようかと思ったが、お粥があまり好きではないようで、大根と卵を使って雑炊のようなものを作ることにした。


20080701-1 子どもが風邪をひいたので、お粥のようなものを作った。(5日目)
私は大根は、たくあんにするかおでんにいれるか大根おろしにするかくらいしかレパートリーがなく、ちょっとひねって炊き込みご飯に入れるか味噌汁の具にするか大根サラダにするかくらい。
スーパーで購入したものは皮むき機で皮を厚めにむいて捨ててしまうことがあるのだけれど、今回は無農薬だということで、たわしでこすってそのままで。
アルミホイルがあればくしゃっとして皮を取るのにも使えるのでにんじんやゴボウなんかにも便利。アルミホイルを捨てずに置いておくと重宝する。
20080701-2 子どもが風邪をひいたので、お粥のようなものを作った。(5日目)
あまり味をつけなかったので、作った大根葉の漬物と、これも自家製の梅干しを上にのせたのでゴミはこれだけしか出なかった。相変わらず卵の殻は乾燥させて何かに使おうとしているのだけれど、今のところ庭のネギのあたりにくだいてまくくらいしか思いつかず、何かいい使い道はないかまたネットで検索してみよう。
子どもが風邪をひいたりすると買い物に行けない。
なので、こうやって事前にうちに食材があったのでとても助かった。
宅配サービスの魅力は、買い物に行けない場合にとてもありがたいのだ。
忙しかったりして買い物に行く時間さえもないとか、買い物に行くことができない何かの理由がある時なんかにはとても重宝するサービス。もちろん無農薬野菜が楽しみたいという方も利用できる。
20080701-3 子どもが風邪をひいたので、お粥のようなものを作った。(5日目)
今日の夕飯は家族でさらにヘルシーに。ちょっとヘルシーというか、質素?な夕飯が続いたので、明日の夕飯あたりは、焼き肉にしてしまおうか考え中。実は我が家、無農薬野菜のミレーさんから届いた野菜が、あと、大根とキャベツだけになった。
キャベツ何に使おうかなあ。と思って思い浮かぶのが、お好み焼きだったりするのが関西人っぽいかしら?
今日は10年後にエネルギー経済は一変する:NBonline(日経ビジネス オンライン)という記事を見た。
家族の中でいちばん食べ物にかかわっている私としてはとても興味深い記事で、だからこそ思うこともたくさんあるんだよなあ。と思いながら読んでいた。

女性は自然との調和を大切にしますし、男性と比べてそのバランスの取り方を知っています。自然を破壊することを好まない。その根底には子供を産む本能があるからかもしれません。しかし、変化を起こすためにも、自ら白熱電球を禁止する運動などに積極的に参加して行動する必要があります。
10年後にエネルギー経済は一変する:NBonline(日経ビジネス オンライン)

エコという言葉を聞くたびに最近は少しいやな気分になるのですが、「エコ」は言葉やブランドやイメージじゃなくではなく、意識や行動。
そういう「エコ」という言葉だけに騙されないで、自分でいろいろなことを学び生き物の感覚で、「これはいや!」ということに対してアンテナをはっていたい。

無農薬野菜のミレー関連リンクとお買いもの

レビューポータル「MONO-PORTAL」の企画に当選しましたことがきっかけでこの記事を作成しています。多くの方が応募されている中、選んでいただきちょっと気合いを入れて記事を作成しています。宅配野菜がどんなものなのか、どんな野菜なのか、わたしなりにレビューしていますので、お買いもの参考にしてみてください。

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+