子どもの名前つけに「お名前スタンプ」を使った感想/便利な点とダメだった点

子どもが保育園・幼稚園・小学校に、入園・入学する時に、持ち物に親が名前を書くことがあります。

お名前スタンプ

字を習えば、自分で名前を書けるようになるので、親が名前を書くのは小学校低学年くらいまでですね。

私の子供の頃は、母が油性マジックで名前を書いてくれていました。
私も、同じようにマジックで名前を書いていますが、自分の字があまり美しくないので、ほどのよく切なくなりますねえ。

お名前スタンプを活用しなかったことを後悔

今年は下の娘のお名前書きをするために、今まで使ったことがないものを使ってみようと、「お名前シール」か「お名前スタンプ」にしようと考え、お名前スタンプを試しに買いました。

シールだと布には使えないと思ったので、布やプラスチックにも使えるインクがあるお名前スタンプを選びました

お名前スタンプ

お名前スタンプは、私が子供の頃から存在していたので珍しい道具ではないにもかかわらず、活用しなかったことを後悔しています。

卒園・卒業した時に、園や学校で使っていた名前のハンコがもらえたので、そのハンコを名前つけに活用してもよかったと思いました。

そういえば、活用せずに使わなかったなあ…と思い出しました。
小学校の卒業時にもらった名前のスタンプを、中学校の教科書の名前書きの時に使えばよかった…!!!とか。

お名前スタンプが便利だと思った点

誰が名前をつけても同じデザインで読みやすい
人が書いたような字のクセがなくて、読みやすい。

自分で名前つけができる
字が書けなくても、スタンプを押すことができれば自分でお名前つけができます。
3歳か4歳くらいになればできるようになると思いますが、「失敗せずにきれいに押す」は、できたらラッキーくらいの気持ちで。

大量に名前をつける時に疲れない
紙おむつ全部に名前を書いてくださいと言われた場合、けっこうな枚数になりますが、手書きより楽です。紙おむつなんかだと失敗してもそこまで困らないので、子どもに押してもらえます。

油性スタンプ

スタンプのインクが、プラスチック、金属、布、ゴム木材、皮革の捺印に向いています。

スタンプを押してもインクが消えてしまうのでは?と思っていましたが、このインクがあれば、コップやお箸などの名前付けも、スタンプ押すだけで完了ですよ。

私が買ったスタンプもセットになったお名前スタンプ

はんこ・シャチハタの一番堂

今回私が選んだのは、スタンプ台とお名前スタンプがセットになった商品です。

はんこ・シャチハタの一番堂

好きな名前でスタンプを作ってもらうので、注文から到着までは時間はかかりますが、自宅のポストに投函されておりスムーズでした。

お名前スタンプセット

スタンプ台もセットになっていて、すぐに使えるのでとても便利でした。
数か月使っていると、スタンプが汚れたり、インクがやや薄くなってきたので、補充インクと溶解液のセットも一緒に買っておけばよかったと思いました。(後で追加で買うのが面倒)

 

お名前スタンプダメだった点・まとめ

お名前スタンプは便利だなあ!と思っていたのですが、私が予想していなかった事態が発生。

娘がスタンプを触って、壁や床に名前を押してしまったことです。
油性万能スタンプ台は便利ですが、押したくないところに押してしまうと大変です。
子どもが触らないところに置いておくのが、ベストです。

(スタンプ押すのが楽しいので、私も自分専用のスタンプが欲しいです。)

「お名前スタンプ」を探す

自分で文字を組合わせるタイプ

名前をいれてもらうスタンプは、その子だけしか使えないので、文字を組み合わせて使えるこちらのスタンプもいいなと思いました。

時間があるならこんな商品も

商品購入後、パソコン・スマートフォン・携帯電話からインターネットでの注文か、付属の専用ハガキで注文できるスタンプセット。

関連カテゴリーはこちら
入園・入学の準備

関連記事

関連キーワード

公開日:2017年07月02日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+