京都水族館に行くため、リーガロイヤルホテル京都に宿泊

P7280356 リーガロイヤルホテル京都
京都水族館に行くために、リーガロイヤルホテル京都に、子どもを2人連れて宿泊しました。
京都駅周辺のホテルで、京都水族館にもホテルから徒歩で行ける宿を探していて、リーガロイヤルホテル京都に決めました。
京都駅・京都水族館に近い、屋内プール(有料)がある、朝食バイキング、一度泊まってみたかった、という理由です。
私は、じゃらんでネット予約しました。
【楽天トラベル】リーガロイヤルホテル京都
【じゃらん】リーガロイヤルホテル京都

京都駅からシャトルバスでホテルまで

朝9:00頃 京都駅にて。
朝ですが夏なので暑いのです。歩きたくないのです。
P7280354 リーガロイヤルホテル京都
JR京都駅に着いて、京都駅八条口側にあるシャトルバス乗り場から、リーガロイヤルホテル京都まで移動します。
朝9時ごろに京都駅に到着したバスからは、人がたくさん降りてきましたが、ホテル行きの人は私たちだけでした。
なぜチェックイン前にホテルに行くかと言う理由は2つ。
(1)京都水族館に行く前に、荷物を預けたい
(2)ホテルから京都水族館まで徒歩で行けるから
P7280357 リーガロイヤルホテル京都
宿泊予定のホテルに到着。
HPで手荷物を預かってもらえるサービスがあるとの記載を見たので、ホテルで荷物を預かってもらおうと考えていました。
荷物を預かってもらうことで、かなり身軽になりました。
京都駅からバスかタクシーか徒歩で行こうと思っていた京都水族館も、ホテルから徒歩で行くと便利でした。

ホテルから京都水族館に行きました

P7280359リーガロイヤルホテル京都
荷物を預けて、ホテルで京都水族館までの行き方を教えてもらい、ホテルを出発。
赤ん坊はベビーカーに乗っています。
ホテル近くのガソリンスタンドを目指していく予定ですが、すでに道に迷いそうな予感。
P7280360 リーガロイヤルホテル京都から京都水族館まで
ガソリンスタンドを見つけて、左折しました。京都水族館が見えないので不安に。
P7280363 リーガロイヤルホテル京都から京都水族館まで
とことこ歩いていると、大きな道に出ました。
P7280366 リーガロイヤルホテル京都から京都水族館まで
京都水族館に、到着。
この日は1日中晴れだったので、スムーズに移動できましたが、雨だったら大変だったかもしれませんね。

チェックイン 部屋でくつろぐ

P7280743 リーガロイヤルホテル京都
京都水族館を満喫して、ホテルに到着しました。
14時にチェックイン。
P7280752 リーガロイヤルホテル京都
お部屋は、スタンダードダブル。
「みんなで一緒に寝よう♪」という長女の希望。
長女は、ソファーに座ってテレビを見ながら、勉強?をするのが楽しかったようです。
次女は、部屋中をハイハイしたり、ベッドでずっとつたい歩きをしていました。
午前中から水族館に行ったのでほどよく疲れて、みんなでウトウト・・・。
汗もたっぷりかいていて、シャワーですっきり。
P7280757 リーガロイヤルホテル京都
浴室には、タオル、ドライヤー、コップ。
壁についている備え付けのボディソープ・シャンプー・リンス。
大人用の浴衣がありました。
P7280758 リーガロイヤルホテル京都 アメニティ
アメニティは、歯ブラシ・歯磨き粉、くし、かみそり、シャンプー・リンス(メリット)、体を洗う用のタオル、化粧水・乳液など1回分のセット(女性用と男性用があった)。
子ども連れ(赤ちゃんも)で、ホテルに泊まるのは、今回はじめてで心配がありました。ホテルのスタッフの方にもサポートしてもらえ、子どもを連れて宿泊できることがわかりました。
(赤ちゃんがいると無理だろうな・・・)と思っていた子連れ旅行も、大変なこともあるけど無理じゃないとわかったことが、私にとっては大きな収穫でした。

楽しみにしていた朝食バイキング

朝食付のプランで、コルベーユでのバイキングか京料理たん熊北店の和定食かを選べました。
私はバイキングが大好きなので、コルベーユへ。
P7290828 リーガロイヤルホテル京都のオムレツ
楽しみにしていた和洋バイキングの「ふわふわオムレツ」!!
目の前で焼いてくれるのがよかった。
朝食は楽しいひと時になりました。幸せ♪
P7280751 リーガロイヤルホテル京都 45th
リーガロイヤルホテル京都は、2014年11月に開業45周年を迎えるそうです。
<関連サイト>
リーガロイヤルホテル京都 – 公式サイト

このホテルはネットでも宿泊予約できます

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+