NEW! 2019年1月 インスタはじめました!

朝夕総勢8名で利き醤油大会・夕編

20090310-13 朝夕総勢8名で利き醤油大会・夕編
朝も利き醤油をしたにもかかわらず、友人宅での食事会にまで醤油を持ち込んでの利き醤油大会になりそうです。朝の参加者、わたし、夫、夫の弟、むすめに加え、さらに4名加わったにぎやかな食卓で醤油登場。
わたし「利き醤油大会始めます。」
皆さん「醤油ですか。わかりました。」
こんな感じのゆるさでスタートしました。
持ち込んだ醤油は朝と同じ三本。こちらです。

今日の利き醤油をご紹介します

五郎兵衛醤油(関東:東京)
五郎兵衛醤油100mlサイズ
Made in Tokyo醤油。「うま味が濃縮された醤油に仕上げるため」に生産量は少なくなってしまうけれど、こだわって作られた濃い口しょうゆ。
澤井醤油本店(関西:京都)
二度熟成醤油(100mlサイズ)
「二度仕込み」という手法で造り上げられた醤油。熟成期間三年。
京都のど真ん中にある澤井醤油本店さんの凄い醤油どす。
末廣醤油(関西:兵庫)
龍野本造りうすくちしょうゆ100mlサイズ
地域ブランドに認定されている。うすくち醤油の生産地で有名な兵庫県龍野市で、明治時代から天然醸造醤油を造り続けているうすくち醤油のプロ末廣醤油さんの醤油です。


ちなみに本日のメニューは、友人R氏の手作り水餃子。友人T氏の手作り韓国風巻き寿司。デパートで購入した握り寿司。手巻き寿司。と言うラインナップです。他にも九州のかまぼこがあったり。
水餃子は家主のR氏が作っているところを横で写真に撮っていてなにも手伝いませんでした。
皮も手作りだったので、モチモチで美味しかったです。
またT氏の手作り韓国風巻き寿司に寿司好きとしてはかなりの興味を抱いたのですが、酢飯が酢ではなくごま油で味付けがされているのでまた違った寿司の新天地を発見した気分になりました。この巻き寿司についてT氏に根掘り葉掘り聞いて、酒を飲んで程よく酔っ払いました。
友人R氏の手作り水餃子 友人T氏の手作り韓国風巻き寿司 デパートで購入した握り寿司
にむとわたしみんな自由奔放に、食卓に並んでいる料理を好きな醤油をつけていただいたのですが「これにはこの醤油だなあ」とか「水餃子には龍野本造りうすくちしょうゆだろう!」「違うよ!二度熟成醤油でしょう!」と言ったりそういう話題で盛り上がりました。
また、職人醤油.comさんの冊子をそれぞれが目を通したのですが、みんなが興味を持った一言がやっぱり「醤油のテイスティング」。そこから、醤油を飲む話しになり、醤油を一升瓶一気飲みしたら大変なことになっちゃうよ・・・。と、なぜか戦時中の話しになったりしました。
(※写真は、わたしとにむ。この写真が撮られたあと、猫パンチをお見舞いされるわたし。)
食卓に並んだ調味料は、醤油のほか、ゆず胡椒(高知の)、梅酢、酢で、醤油が薄口、こいくち、再仕込みというバリエーションだったので、醤油だけでも食事を楽しむことができました。
みんな料理が好きなので、醤油っていってもやっぱり料理によって使い分けるから、どれがいい!というのは、一概に言えないけれど、この料理にはこの醤油がいいというのがわかっているだけでも、料理が楽しくなるよねぇ。という話しをしたりしました。
20090310-18 朝夕総勢8名で利き醤油大会・夕編
この日、朝夕総勢8名の利き醤油大会が終わっても、まだ醤油はこんなに残っていました。
100mlって少ないんじゃない?と思いましたが、ぜんぜん少ないという量ではないなあということがわかりました。100ml単品でも購入することもできますし、利き醤油セットなるものも販売されています。
商品一覧はコチラ
通販サイトがお買い物だけではなく選ぶ楽しみ、知る楽しみができる充実したサイトですので、サイトを見ているだけでも、楽しいですよ♪
日本各地の伝統的手法で造られた天然醸造醤油を紹介しています。
職人醤油.comhttp://www.s-shoyu.com/
こちらの記事で登場している醤油は、このサイトで購入できます。
また、職人醤油.comさんはメディアでもよく取り上げられているようで、2009年02月10日放送の日本テレビ「おもいッきりイイ!!テレビ」にも先生役&醤油ソムリエとして出演されていたそうです。(わたし見てない!><。)

食材レポート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RouxRil Mom
タイトルとURLをコピーしました