佃煮ふりかけ「錦松梅」(きんしょうばい)の原材料や活用レシピは?

贈答品として名の知れる佃煮ふりかけ「錦松梅」(きんしょうばい)。

錦松梅(きんしょうばい)

百貨店やデパートではお馴染みの錦松梅。
錦松梅が入っていた器を、食卓で見たなあと子ども時代を思い出します。

先日、錦松梅をいただく機会があり、数十年ぶりに口にしました。
昔食べた時のことは忘れていましたが、すっかりご飯のお供になっています。

錦松梅の器

錦松梅は、東京四谷左門町で昭和7年に創業。商標のマークは「鳳凰」。
現在では百貨店やデパートでも取り扱われる有名なブランドです。

 

錦松梅と言えば、関東のものなので、関西では馴染みがないかと思いきや、私の実家の台所で、錦松梅の容器を子供の頃から見かけていました。
田舎でしたが、誰か錦松梅を気に入って持ってきてくださる親類がいたのでしょう。

有田焼の綺麗な容器か、絵がついた蓋のプラスチック容器に入っているので、中身がなくなっても容器だけ何年も使われていました。

錦松梅(きんしょうばい)

錦松梅のいれものは、有田焼・会津塗の器のほかにも、小判型容器、プラスチック容器、小袋入りなど、手軽なものも売られているのですね。

贈答用に、器に入った錦松梅をいただくことがほとんどでしたが、手土産に、軽い小判型容器をいただく機会がありました。

錦松梅の味は?原材料はなに?

錦松梅(きんしょうばい)小判型容器

今回頂いた錦松梅は、小判型容器に入っていました。

錦松梅(きんしょうばい)

小判型容器の中には、透明のビニール袋に、錦松梅が入っています。
ぱっと見た様子では、おかかのふりかけのように見えますね。

1袋開けて自宅にあるタッパーにうつしかえて、食事の際に、テーブルにだします。

錦松梅の味は?

錦松梅は、鰹節と醤油の甘辛い味が特徴のふりかけです。
さっそく、家族でいただきました。

錦松梅の原材料

醤油(小麦、大豆を含む)、鰹節、砂糖、白胡麻、昆布、きくらげ、松の実、椎茸/調味料(アミノ酸等)

丸い木の実が入っていたので、(何だろう?)と思っていたのは松の実でした。きくらげや昆布など、いろいろな食感の具を楽しんでいます。

錦松梅の食べ方や活用レシピ

錦松梅(きんしょうばい)

炊きたてのご飯の上に、錦松梅を少しのせていただいていますが、少量でも鰹節の旨味とお醤油の味でご飯がすすみます。

錦松梅のレシピ

ご飯にのせて食べていても、賞味期限までに食べきれそうにない時は、料理に使うことが出来ます。
おにぎりや、玉子焼きなど、子どものお弁当にも使えるので、重宝しています。

錦松梅の玉子焼き
写真:お弁当に入れた錦松梅の玉子焼き

公式サイトのレシピでは、錦松梅の玉子焼きが美味しそうです。
>>>錦松梅のレシピ

錦松梅の通販は?

錦松梅の通販は、錦松梅のサイトのショップでも買うことができますが、百貨店で取り扱われている商品を買った方が、買いやすいかなという印象を持ちました。

贈答品だけではなく、自宅用にお取り寄せしたい時も、通販で買えますよ。

賞味期限は、製造日から90日です。

錦松梅の公式サイト

錦松梅のホームページ
2017年10月にリニューアルされています。
季節限定の器の情報などをチェックできます。

錦松梅の通販・お取り寄せ

>>>高島屋の通販で「錦松梅」を購入する

>>>大丸松坂屋の通販で「錦松梅」を購入する

>>>LOHACOで「錦松梅」を購入する

関連カテゴリーはこちら
お中元・お歳暮
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2017年10月02日
更新日: