ローソンの「モーモーチャーチャー」子どものオヤツの参考に!

SNSで見かけ、名前のインパクトがすごかったので気に入り、食べたくなった「モーモーチャーチャー」なるスイーツ。

ローソンのモーモーチャーチャー

食べるまで味が全く想像できなくて食べたくてしょうがありませんでした。
ついに、食べることができて、大変満足しています。

モーモーチャーチャーとは何か?

ローソンのモーモーチャーチャー

モーモーチャーチャーは、アジアのスイーツだとは聞いていましたが、ローソンのモーモーチャーチャーのパッケージにはこのように書かれています。

「ごちゃ混ぜおしるこ」という意味のマレーシアのスイーツです。

成城石井でも発売され人気のスイーツだったようですが、ローソンで発売されたことでぐっと購入しやすくなったと感じました。
販売期間は不明ですが、期間限定になるかもしれませんね。
一度お味見してみたい方は、はやめにチェックしてみてください。

ローソンでの販売価格は、1個295円(税込)。カロリー376kcal
参考:混ぜて食べるモーモーチャーチャー|ローソン

成城石井のモーモーチャーチャーのレポートはこちらが詳しいです。
どんなものがのってるかとか、写真付きでよく伝わります!
参考:成城石井『モーモーチャーチャー』を食べたよっ!! – 感想文

ローソンのモーモーチャーチャー

モーモーチャーチャー

どんなトッピング?

モーモーチャーチャー

さつま芋甘露煮 赤えんどう 小豆 大手亡 青えんどう

大手亡って何だろうと思ったところ、白あんの原料になるような豆。
写真でも確認できると思いますが、半透明の白い豆が「大手亡」です。

豆が塩味なので、全体的に甘いだけじゃなくて、混ぜて食べると塩味がアクセントになって、美味しくいただけました。

私はココナッツミルクもプリンも芋も豆も単独ではあまり好きではない食材なので積極的に食べたいと思いませんが、組合わせると最高の食べ物になっていて、「また、食べたい!」と思いましたよ。

モーモーチャーチャーのレシピは?

私は元ネタとなる本家のスイーツを食べたことがないため、何を目指して作ればいいのかわかりません。

モーモーチャーチャー(ボボチャチャ)のレシピ
モーモーチャーチャー | 株式会社関越物産

今まで、お芋や豆をトッピングして食べると言う発想がなかったので、子どものおやつのアレンジとして、マネしたいなと思いました。

例えば、ミルクゼリーを作って、プリンや・お芋・白玉・豆をトッピングして食べる。とか。栄養価もアップすると思うので、夏休みのバテている時期とか、よいのではないでしょうか。

子ども達にも、ローソンで買ったモーモーチャーチャーを食べてもらって好きそうだったので、組合わせも抵抗なく食べてもらえそうです。

モーモーチャーチャー

こんな感じで、混ぜていただきました。

日常的には頻繁に買わない価格のスイーツですが、
気になるな~と言う方、機会があれば、食べてみてくださいね♪

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+