大掃除にダスキンのアイテムで掃除♪毎年恒例「くらしキレイBOX」はギフトにも

2016年の大掃除は、コンロの下の汚れがイヤで先延ばしにしていました。

ダスキン くらしキレイBOX

掃除は片付けに比べると好きだったこともあり、モラタメで当選したダスキンのくらしキレイBOXと言うお掃除セットで乗り切ることが出来ました。

このお掃除セットは、油汚れ用洗剤、ガラス用洗剤、カビ・ぬめり取り剤の3種類の洗剤と、スポンジとスクレーパーがセットになっていました。
掃除の時、悪戦苦闘しているのが油汚れで、スクレーパーが役に立ちました。

ダスキン くらしキレイBOXのセット内容(2016年)

2016年のダスキン くらしキレイBOXのセット内容

○トイレ用除菌・洗浄・消臭剤 260ml
○ガラスと住まいの洗剤 260ml
○カビ・ぬめり取り剤 210ml
○おそうじスクレーパー
○台所用スポンジ抗菌タイプ リーフ型
○スプレー3本(各種専用)
○くらしキレイBOX100%活用BOOK

2017年のダスキン くらしキレイBOXのセット内容

○油汚れ用洗剤 260ml
○ガラス用洗剤 260ml
○カビ・ぬめり取り剤 210ml
○吸水用ふきとりクロス
○ミニスキージー
○くらしキレイBOX100%活用BOOK

くらしキレイBOX2017
標準価格 1,188円(税抜1,100円)
10月中旬以降発送

キッチンのガスコンロの下の汚れの掃除

ガスコンロの下の汚れがそろそろどうにかしないといけないまま大掃除の季節を迎えました。

スクレーパーでコンロの掃除

取るのが大変そうだなあと思っていた汚れですが、油汚れ用洗剤とスクレーパーを使うと・・・

コンロの掃除

短時間でキレイになりました。

ガスコンロの下に敷くシルバーの汚れ防止マットが、スーパーなどで買え使っていましたが、紙製なので、水がこぼれると弱くて汚れていました。
今度はもっと掃除の手間が減る、汚れ防止アイテムを買おうと思っています。

キッチンの換気扇の掃除

換気扇の油汚れ

コンロ周りの掃除の次に憂鬱だった、キッチンの換気扇の汚れも掃除しました。

換気扇の油汚れ

換気扇の外側よりも、内側の汚れのがすごかったです。ダスキンの油汚れ用洗剤で、きれいになりました。

換気扇の油汚れ

直接スプレーしてしまいましたが、下に洗剤が落ちてくるので、洗剤を雑巾にスプレーしてから拭いた方がよかったです。

換気扇の油汚れ

台所の排水口のヌメリの掃除

フェリシモのバイオで排水口のぬめりを防止するタブレットで、ぬめりは少なくなっていましたが、全く汚れていないというわけでもないので、掃除しました。

台所の排水口のヌメリ

シュッシュして、放置している間にきれいになっていたので、こすらなくてよかったのでラッキーです。
汚れが少ないと、洗剤も少しで済むのでいいですね。

「ダスキン」のイメージからか、洗剤のパワーなのか、普段使っている洗剤や掃除グッズより、手早く綺麗にできたように感じます。
錯覚かもしれませんが、錯覚でも、こんな嬉しい錯覚は大歓迎です。

ダスキン くらしキレイBOX セット内容

このダスキンキレイボックスは、1,000円くらいの価格で購入できます。

ダスキンというブランドネームの影響で、価格はもっと高くなるものかと思いましたが、手ごろな価格帯で、贈り物にもいいですね。

「ダスキン くらしキレイBOX」を通販で購入

関連カテゴリーはこちら
掃除グッズ
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2017年01月01日
更新日: