家で作る梅シロップの作り方をざっくり書く

暑い日に氷を入れたグラスで自家製梅ジュースを飲むひとときが楽しみです。

青梅

暑い時期に何かと便利な梅シロップを作ります。
出来上がった梅シロップは、とても甘いので水で薄め、梅ジュースにして飲みます。

スーパーなどで青梅が出てくるのは5月中旬から6月にかけて。
それなりのものは1キロ1,000円くらい、今年は2キロ300円の安くなっている青梅を買いました。

梅を買ったら、出来るだけ早く仕込みを完了します。梅が熟れて黄色くなってくるため。

<おおまかな作業>
・材料をそろえる
・容器の消毒
・梅の下処理(アク抜き・ヘタとり・乾燥)
・容器に梅と砂糖を入れる
・見守る

<参考レシピ>
梅シロップの作り方 レシピ
梅シロップ(梅ジュース)のレシピ/作り方:白ごはん.com

梅シロップ(梅ジュース)の材料・道具

梅シロップ作りの材料はシンプルで、梅と砂糖です。

梅シロップの材料

梅1キロ、氷砂糖1キロ(グラニュー糖)。
必要な道具は、梅と砂糖を入れる「びん」です。

今年は、「青梅2キロ、氷砂糖1キロ、白い砂糖1キロ、果実ビン4リットル」で作ります。
氷砂糖は「スプーン印 氷砂糖1キロ」。スーパーで400円くらいで買えます。

私は、こういうお洒落な密封びんが欲しかったけど、スーパーで赤いフタのビンを買ってしまいそれを使っています。

梅シロップはカビや発酵で苦戦

梅シロップを何年か作っていて、カビか発酵で苦戦していました。
その中で、失敗の原因はだいたい「カビ」です。飲めなくなるから。

逆に言えば、カビらなければ、ほぼ成功すると思うくらい簡単に作れます。
すぐに失敗する私の経験から、失敗のパターンを分析するとこんな感じです。

梅シロップのカビについて

梅シロップ作りでは、稀にカビが発生します。
カビが発生する場所は、容器か梅なので、容器は真面目に消毒します。
傷んでいる梅はカビりやすいので、使わないようにします。

梅は空気にふれるとカビりはじめるので、液につかるように気を付けて見ます。
子どもにフタをむやみやたらに開けさせないようにします。

シロップが出来たのに、梅を取り出さずに放置した時、浮いていた梅の表面にカビが生えることがあるので、完成したら梅は取り出しシロップは冷蔵庫へ。
また、カビには酢がよいそうですよ。

梅シロップの発酵について

白い泡がぷくぷく出てくるのは発酵。
カビほどの失敗ではないものの発酵はよくないようです。
発酵の予防策は、砂糖を早く溶かすこと。砂糖をわけて入れる方法も。
溶けるまでに時間がかかるとどうしても発酵しやすくなるそうです。

発酵がはじまった時は、発酵を止めるために加熱するとよいそうな。
参考:梅シロップが発酵したときの加熱について。

梅シロップ作り梅の下処理

青梅 アク抜き

青梅はアク抜きをすると書かれていたので、アク抜きをしました。

青梅 ヘタ取り

竹串で梅のヘタを取りながら、ひとつひとつ傷んでいないかチェックします。
単純に、数が多いほど大変ですが、私はこの作業が好きです。

数が多いので、並べて乾燥させてもよかったのですが、この日はふきんでひとつずつ梅の水分をふき取りました。

梅シロップの仕込み

梅と氷砂糖を果実酒びんに入れる

使った氷砂糖は、スプーン印 氷砂糖 クリスタル(原材料名:グラニュ糖)です。
自宅でジュースを作ると、どんな砂糖を使うかコントロールできるので、いいですね。

梅と氷砂糖を果実酒びんに入れる

梅と氷砂糖を果実酒びんに入れる。
このびんは4リットルびん。青梅は2キロ、氷砂糖1キロを入れると、いっぱいになりました。

梅シロップ 仕込み完了

梅シロップ 仕込み完了。

私が使っているびんは、密封びんじゃないのもカビりやすい原因かもと思い、一番上の部分が空気に触れないように、白砂糖を入れました。溶け具合を見ながら砂糖を追加したりしていきます。

梅シロップ

10日後。

梅シロップ ソーダ割

今年の梅シロップをソーダ割にしたもの。
私は、クエン酸の粉末を少し入れたりして、飲んでいます。

関連キーワード

公開日:2016年06月02日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+