2歳児を歯医者に連れて行った体験談。行く前にやったこと

二歳半になる娘の歯の様子が怪しいので、歯医者に連れて行きました。

2歳児を歯医者に連れて行った話。

二歳半は、こちらが話しかけるとだいたい理解しているように思います。
ていねいに言葉で説明すると、理解できることも多いと感じています。

小児科で予防接種を受けたり、市の歯科検診は受けることが出来ています。
しかし、歯医者さんで治療が必要となった場合、椅子に座っていられるのか、口を開けていられるのか、治療に協力できるのか…不安でした。

わが家の2歳児(2歳半)を歯医者に連れて行った結果、泣くこともなく、普通に診察してもらうことが出来ました。母としては、(出来るんか~い。)と心の中でつっこんだくらい、出来ると思っていなかったので、なんかゴメンナサイ。

2歳児はどうやって治療するのか?

ネットを検索していると、小児歯科のホームページで、子供の治療の仕方が掲載されていて参考になりました。おおまかに、どういう風に治療するのかわかり、(うちの子は、出来るかな~?)と考えながら、相談してみようと、家から近い小児歯科に予約を入れました。

2歳の子どもです。歯医者さんは初めてですが、 大丈夫でしょうか?
2歳までのお子さんについて

抑制治療で治療された方の体験談、参考になりました。
こういう治療方法もあるというのがわかりました。
【育児】二歳児の虫歯を治療してもらいました~小児歯科体験談 | 脚やせクラブ

歯医者がどんなところか先に教える

子供を、いきなり歯医者さんに連れて行くと、不安にさせたり、びっくりすると思ったので、1か月くらいかけて2歳児に歯医者さんについて教えました。

歯医者さんのホームページを見せて、歯をきれいにしてくれるところに行くよと話ました。

痛いとか、怖いとかは、自分がその場に行って感じることなので、それらは現場で体験していただくとして、歯医者ではどんなものがあるのか、同じくらいの年齢の子がどういう風に治療しているのか、歯医者さんのサイトや動画を一緒に見ました。歯医者さんを怖がったり泣いている雰囲気のものも多いので、普通に診察しているものを選んで見せました。

何度か、歯医者さんごっこをして、口をあけてじっとする練習をしました。
歯磨きをしているので、じっと口を開けることが出来ています。

歯医者さんの情報を見せていた期間は、アンパンマンのハミガキマンが出てくるお話を、何回も見ていました。

歯医者さんを見に行ったり、予約を一緒にしにいったりしました。

予約したのは小児歯科で、診察前には、泣いたらどうするか?という質問があり、治療を中断する、泣いても続ける、先生にまかせるなどありました。

診察中は常に笑顔

予防接種の時なんかに、私が心配して気弱になると、それが伝わるのか、確実に泣いて、先生に協力出来なくなり暴れたりしたことがあったので、私は横でずっと笑顔でいるよう心がけました。(内心ドキドキしていました)

結果、わが家の2歳児は、初めての診察で、泣くこともなく、椅子に座って口を開けて、先生に口の中を見てもらうことが出来ました。

小児歯科では、初めての子向けのステップがあるようで、その子の合ったペースで見てもらえます。
設備や道具の説明もちゃんとしてくれて、娘は、うん、うん。と、頷きながらお話を聞いていました。

初めての診察はかなり頑張ったみたいで、終わったら
「はいしゃさん、できたー!!!」と目をキラキラさせて、大興奮。
新しい経験をして刺激されたのか、喋る言葉の数が一気に増えました。

+++

娘は2歳半。診察できた方が、珍しいとも言われました。
歯医者さんに行けるかどうか迷っていた私のような方、小児歯科で相談だけしに行ってみるのもアリかも!

+++

おもちゃ売場で見た、
シルバニアファミリーの歯医者さんセットをじっ~と見てました。

関連カテゴリーはこちら
1歳~2歳児の子育て
子どもの健康管理

関連記事

関連キーワード

公開日:2016年04月05日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+