イマイチ作り方がわからなかったブリの照り焼きのコツを習得

簡単よ~♪と言われていたけど、すぐに焦がして苦くなり失敗する、ブリの照り焼き。

ブリの照り焼き

失敗しがちな人は、何が原因なのかなかなかわからないと思うので、失敗ポイントと、失敗しないためのコツなどを、よく失敗していた人がお伝えします。

これからブリの照り焼きを失敗したくない人は、このやり方で試してください。
照り焼きの味付けの黄金比は、「しょうゆ:酒:みりん:砂糖=2:2:2:1 。
だいたいこれでどうにかなりそうです。暗記しましょう。

ブリの照り焼き 失敗ポイント 焦げる

どうしてそうなる…と思いながらご覧ください。

ブリの照り焼き失敗ポイント(1)
フライパンで作るとたれを焦がして苦くなる

ブリの臭みがイヤだな~と思い、調味料にブリ身をつけてから、フライパンで焼いていました。焼きはじめからたれが付いた状態で焼くので、ブリの身に火が通るより先に、たれが焦げます。
ブリの身に火を通さないといけないのに、たれが焦げ、どうしたらいいのかわからなくなり、失敗!というパターンです。

ブリの照り焼きの作り方は、
このレシピをじっくり読むとうまく作るコツが詰まっていました。
ぶりの照り焼きレシピ 講師は野崎 洋光さん| みんなのきょうの料理
エネルギー330kcal/塩分3.10g/調理時間10分

原因と解決策

失敗を振り返った結果、たれを入れるタイミングがはやすぎると、焦げる。

まず、フライパンでブリの切り身の表面を焼いて焼き目をつけ、ある程度、火を通そう。たれを入れるのは、それからだ。ちょっと遅めでも、たれが焦げるより食べられるブリの照り焼きが出来る。

フライパンで作る照り焼きは「鍋照り(なべてり)」と呼ばれ、手軽です。
ほかにも、焼き網やグリルで焼いてハケで煮つめたたれをぬる方法もあります。ベターホームのレシピはグリルで焼くほうで、たれにつけておいた切り身をグリルで焼く方法が書かれています。

ブリの照り焼き 失敗ポイント 生臭い

ブリの照り焼き失敗ポイント(2)
ブリの生臭さ

ハマチやブリ系統の魚が、子供の頃、苦手でした。特に身の赤いところが嫌で刺身も寿司も食べた記憶がほとんどないほど。

そういう苦手意識があるので、しょうがや調味料でごませばいいと思っていたのですが、自分で作ると上手く作れず、生臭いので作らなくなっていました。

原因と解決策

下処理を覚えると、改善します。

ブリの切り身に、塩をふる
→ 生臭みや水気が減り味が濃縮する
霜降りをする
→ 臭みとり、焼いたとき崩れにくくする
小麦粉をつけて焼く
→ たれが絡まりやすくする

ブリの鍋照り焼き ポイント

ブリをフライパンで作る鍋照り焼きのポイントは、

(1)たれを入れるタイミング
(2)生臭さをおさえる下処理をしっかりやる

を振り返ったことで、だいぶ改善しました。
ブリの切り身もあまり買わず、なんとな~く作っていて失敗していました。

ブリの切り身

捌いたばかりのブリの切り身です。血合いの色が赤です。
子供の頃からこの部分に栄養があると食べるように言われますが、生臭いから苦手でした。今回作ったブリの照り焼きは、生臭さもほとんどなく作ることができました。

自宅に届いたオリーブぶりを捌いた切り身ですが、冷蔵庫に入れて2日経つと、血合い部分が茶色に変色しました。

他にも、塩分を減らすレシピ。塩と小麦粉を使わず、たれの量を半分に。
※スーパーで売っている料理酒は塩が入っているそうなので、使う酒には注意。
減塩 ぶりの照り焼きレシピ|健康キッチン|みんなのきょうの料理
エネルギー334kcal/塩分1.4g/調理時間20分

ブリの照り焼き
いきなり!ぶりの塩焼き : ためしてガッテン – NHK

関連カテゴリーはこちら
わが家の食卓コラム
食材

関連記事

関連キーワード

公開日:2015年12月14日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+