きちんと作るブリ大根は美味しくできるのか?

ぶりのあらと大根を使って、ブリ大根をちゃんと作ります。

ブリ大根

ぶり大根を作ると、生臭くなって美味しくできないので、どうすれば美味しく出来るのか?何が原因なのか?調べていたところ、「きちんとぶりあらの下処理をする」という解決策がしっかり書かれていたレシピを参考に作ります。

今回参考にしたレシピ
きちんと美味しく作る!ぶり大根のレシピ/作り方:白ごはん.com

ブリと大根を用意します

ブリ大根 1キロ

ぶりのあら 1キロくらい

捌いて1時間も経っていないので、
今回使ったぶりのあらは身が多いです。塩をふっておきます。

ブリ大根 大根

大根1本 半月切りに。

きちんとぶりあらの下処理をする(霜降り)

霜降りという工程があるのか・・・。

ブリ大根 霜降り1

いつもやっていただろうか・・・霜降り・・・。

ブリ大根 霜降り2

これからちゃんとやろう、霜降り。

ブリ大根 霜降り3

だいぶ前に作ったブリ大根は、霜降りをちゃんとやらなかったからなのかな。
鍋が数日生臭くて大変だったな・・・。

ブリ大根 霜降り後

魚の臭みは、子供は嫌がるので、臭みをとる工程はとても大事なのですね。
参考はこちら。魚の下ごしらえ、霜降りのやり方/方法:白ごはん.com

霜降りも終わったので、鍋にいれて炊きます。鍋は土鍋を使います。

私がいつも見ている、ベターホームの本のぶり大根のページにもちょっと霜降りをすることが書かれていました。この工程が大事だったのか。
栗原はるみさんのブリ大根のレシピにも、よく見れば書かれている。

水と酒で煮る

ブリ大根 大根を敷く

大根を土鍋にいれます。

ブリ大根 土鍋で作る

ちゃんと下処理したぶりあらを入れます。
水600mLと酒200mLを入れます。

ブリ大根 酒

和食はよく料理酒を使うけれど、酒を切らしていることが多く、夫が飲んでいる日本酒を使ったりしますよね。

頂き物の獺祭は、高価で美味いので使わせてくれず、開運は料理に使ってもいいらしいので、これを使いました。開運もメロンのような風味がして美味しいそうです。

料理酒と日本酒の違いを調べていると、「料理酒には塩が入っているものもある」のだとか。血圧を気にしているので、買う時は気を付けたいと思います。

味付けをしてさらに煮て完成

ブリ大根 味付け

炊いていると、いい感じになってきたので、砂糖と醤油で味付けします。

ブリ大根 濃い口しょうゆ

醤油は濃い口しょうゆを使います。
お醤油の味比べセットで登場した醤油を使いましたが、チョイスを間違えて甘口醤油を選んでしまっていました。濃い口醤油で作ったほうが、いいのかもしれませんね。

ブリ大根 出来上がり
美味しく作れました。
めでたし。めでたし。

と、ハッピーエンドで終わることなく、このブリ大根には続きがありました。
それは、次の記事で。

>>> ぶりシリーズ 続く

関連キーワード

公開日:2015年12月14日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+