お出かけの相棒・カバンの中に「ハリボーのグミ」

HARIBO(ハリボー)
私は子供の頃からグミが苦手でした。しかし、最近初めて買った、HARIBO(ハリボー)のグミにハマっています。HARIBOはドイツの製菓会社です。

最近コンビニでも見かけるようになって、日本のグミが100~150円くらいで並んでいる中、ハリボー・ゴールデンベアは、100g230円で売られています。
ハリボーのグミが日本のグミより高いのではなく、内容量が多いんですよね。

この記事では、ゴールドのパッケージの「ハリボー・ゴールデンベア」と、「ハリボー・ヴァンパイア」を食べた感想も書きました。

お出かけの時によい点

HARIBO(ハリボー) ゴールデンベア
ハリボーのグミが、お出かけの時にすばらしい点は5つ。

(1)内容量が多い
(2)クッキーみたいにポロポロこぼれない
(3)グミの食感が固め
(4)いろんな味がミックスされている
(5)クマがかわいい

量がたくさん入っているので、すぐになくなりません。グミの食感も固めなので、カミカミしている時間も長く、他のグミに比べて長持ちします。内容量が多いですが、ゴールデンベアは6種類のフルーツ味の詰め合わせなので、飽きません。

他のグミはチャック付きで便利ですが、ハリボーのグミにはそんな気の利いたチャックはついていません。

ハリボー・ゴールデンベアは美味しい

ハリボー・ゴールデンベアは美味しいです。

HARIBO(ハリボー) ゴールデンベア
私にとって、ハリボー・ゴールデンベアの6つのフルーツ味は、好みの味でした。

原材料名 水あめ、砂糖、ゼラチン、ぶどう糖、濃縮還元果汁(りんご、ストロベリー、ラズベリー、オレンジ、レモン、パイナップル)転化糖、酸味料、着色料(果実、葉緑素、クチナシ、フラボノイド)、香料、光沢剤

ドイツの会社のグミだけど、このグミはハンガリー産。

最近、コンビニで新発売のグミを娘が良く買うのですが、もらって食べると、スゴイ!と言いたくなるほど、香りや味が素晴らしい出来上がりのものが多いです。それに比べると、ハリボー・ゴールデンベアには、素朴なお菓子に見えます。でも私は、ハリボーのグミが好きでした。

きっと、他のハリボーのグミも美味しいのだろうと思いました。

期待裏切る「HARIBO VAMPIRE」を食べた感想

ハロウィンも近かったので、娘が喜ぶかも!と思い、ちょっと邪悪なコウモリの形の「HARIBO VAMPIRE」を、輸入食品のお店で買ってきました。

HARIBO(ハリボー) ヴァンパイア
見た目がコウモリで、胴体部分が黒く、コウモリの羽はフルーツの味です。
コウモリの形のお菓子は珍しいと思い買いました。

1つ食べた瞬間、頭の中でハテナがいっぱいになりました。でも外国のお菓子なので、私の知らない味のフレーバーなのだろうと思い気にしないことに。

娘がやってきて、嬉しそうに食べます。でも彼女は、羽しか食べず、黒い胴体ばかりを私に渡してきます。私はその黒い胴体ばかりを食べていたけれど、この部分の味がいまだかつて味わったことのない”謎の味”がします。これは、コウモリ味なの?子供は一切口にしないこのグミの胴体部分はいったい何…??

HARIBO VAMPIRE 
海外のAmazonを見ていると、”icorice bodies… I just eat the wings.”というレビューがあり、このグミの胴体部は、日本人にはあまりなじみのない、「ラクリッツ(リコリス)」味のようです。

マズイ!と噂の味で、ハリボーの黒いグミは、買わないほうがいいかもしれませんヨ。

+++

ハリボーのグミは、コンビニや輸入食品を取り扱うカルディコーヒーファームのようなお店で売られています。ネットでも通販されています。相場が知りたい時は、三菱食品のページで確認してみてください。
ハリボー商品一覧|菓子|三菱食品

HARIBO(ハリボ)の虜 – 食べ比べた感想を見たい方はこのページへ…

関連キーワード

公開日:2015年10月05日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+