疲れてイライラしたから買った書籍「キッチン栄養学」

最近「疲れた。イライラしている。夕飯はパスタ作った。」
と言った話を、SNSでつぶやいていると、素敵な兄さんが、カルシウムとりなさーいのヒントをくれました。

P6116228 キッチン栄養学

イライラしたらカルシウムなんて、よく聞くことなので、一瞬、冗談かと思ったけど(ごめんなさい)、振り返ってみれば(食生活がいけてなかった…)と、わかり納得しました。

そんな流れで、当初はサプリメントについて調べていたのですが、(サプリメントってお腹ふくれへんよな~)と妙な理由で調べるのをやめ、カルシウムを含む食品について調べているうちに、本を買うことにしました。今回選んだのはこの本です。

からだにおいしい キッチン栄養学
高橋書店 (2012/11/16) 宗像 伸子 (監修)

本屋で中身を見て決めたわけではなくネットで選んだので、表紙の文字がかわいかったという理由でこれにしました。
購入したのは楽天ブックス。電子書籍版はありませんでした。

楽天ブックスからだにおいしいキッチン栄養学

アマゾンからだにおいしい キッチン栄養学

自分を労わるための食事を作る!

私は栄養について専門ではないのですが、食材選びから、メニュー決めなど、毎日の食事を担当しています。
自分が疲れて作るのがいやになってくると、楽ができるメニューにしがち(パスタとか!)ですが、疲れている時には休むことも大事だし、自分を労わるための食事を作ることもよいと思い、考え方に幅を作ることが出来ました。
疲れた日、休む以外に、自分を納得させて食事作りに取り組む動機ができ、選択肢が増えた事が収穫です。
本を読んで、食事を違う視点から見るようになると、買い物の食材選びも以前より楽になりました。
P6116231 疲れてイライラしたから買った書籍「キッチン栄養学」
大まかな目次は、きほんから。
他にはすぐに使える実用的な内容を知る事が出来ました。

キッチン栄養学のきほん
1 気になる症状を解消
2 心身の疲れを解消
3 気になる病態・体質を解消・改善
4 女性の気になる悩みを解消
5 気になる検査値を改善
栄養素ミニ事典

夏の暑さがきつくなってくるまえに、夏バテぎみの時は…についても知る事もでき、以前まで、ネットで検索して都度調べていましたが、手元に本があると思いがけず便利だということがわかりました。

栄養バランスは献立で考えるとラク

栄養バランスは、料理の組み合わせ(献立)で、考えるとよいとのことですが、献立を考えるのも、米を主食にしていたら、主菜と副菜を考えればよいので、それほど難しくもありません。
いくら栄養を考えた献立にしても、1食で食べられる量には限度があるので、お腹いっぱいで食べられないような量にしてしまうと、意味がないですね。3食にわけて摂取する・間食をとるというのは、意外と利にかなっているのだなと、改めて思いました。

何を食べるか考えられるようになってくる

なんとなく不調…そんな時に、原因を考えるのですが、睡眠不足か、運動不足か、育児ストレスか…は考えることはあっても、食事について振り返ることが、不思議とありませんでした。
疲れてるわ…料理の準備が面倒だ…出来合いのものでいいや…。
は、アリなんだけど、その疲れがもし食生活も原因だとしたら、疲れてるわ!ちょっと気合いれてゴハンつくろ!とか、あれ買おう!って思えたりもします。
今こういう状態だからこれ食べようと、何を食べるか考えられるようになるって、いいですね。
栄養について、深く理解することがすぐに出来なくても、こういうときはこの献立~♪という定番を決めておくこともできます。
P6116232 「キッチン栄養学」
免疫力については一時期よくネットで調べてたな・・・。

今までの知識を定着させる1冊に

1日に必要な摂取カロリー量で考えれば、年齢や性別、身体活動レベルは家族全員同じとは限りません。
簡単な考え方ですが、成人男性で活動レベルが高い人の食事を、活動レベルが低い成人女性が一緒に食べ続けたら、太ることになり、ダイエットをする羽目になってしまいます。
季節や体調にあわせて献立を考え、その時期に手に入りやすい手ごろな値段の食材を選んで、料理を作るというのは、簡単のようで奥が深く、総合的な知識や細かな情報を分析し、当たり前のようにやっていることが、どれだけスゴイことなのか、改めてわかりました
さらに、好みや美味しさ、見た目の工夫などを考慮している人が食事を作ってくれているなら幸運なことですね。

P6116233 疲れてイライラしたから買った書籍「キッチン栄養学」

ページは前ページカラーで、レシピも出来上がりの写真つき紹介されていて、わかりやすいです。
今までしっかり栄養について勉強したことがないけれど、日々集めていた知識を定着させるのに役立っています
本を読んで改めた生活は、子どもには飲ませていたけど、自分はあまり飲んでいなかった牛乳を一緒に飲むようになったことです。

アマゾンの栄養科学カテゴリのベストセラー「たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑」も、イラストが豊富で子どもと一緒に読めそうです。
この書籍は、本屋では、絵本・児童書コーナーに置かれていました。

関連キーワード

公開日:2015年06月12日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+