1歳半の娘が楽しみにしている絵本4冊

jijyo05 1歳半の娘、どんな絵本が好きなの?
0歳のころから、娘に絵本の読み聞かせをしていました。
もうすぐ1歳半、彼女は、読んでほしい絵本を持って、私のひざに座るまで成長しました。
わが家では、すでにお姉ちゃんが読んでいた絵本がたくさんあり、家にある絵本の中から選んできます。

かおが好き!『かおかおどんなかお』

かおかおどんなかお
柳原 良平/こぐま社/0歳から

こちらの絵本は0歳ごろから読み聞かせしていました。
お座りしている頃は、絵本に出てくる目を指でほじっていました。
今は、表情が豊かになったこともあり、出てくる顔の真似をして遊んでいます。

どうぶつと食べるのが好き!『おいしいねおいしいよ』

おいしいねおいしいよ

わかやま けん/童心社/2歳ごろから
今年、動物園デビューした次女

こちらの絵本では、京都市動物園で見たこともある動物が出てきます。
絵本では、動物が食べているシーンが、やさしいタッチで描かれています。
絵本を見ながら、動物たちが食べている食べ物を、指でつまんで食べるふりをしたり、私の口に入れたりして遊びます。
わかやまけんさんといえば、こぐまちゃんシリーズも有名ですが、次女はこの本が今とっても気に入っています(^^
※追記:4歳になっても読み聞かせしている一冊。

いないいないばあが好き!『いないいないばあ』

いないいないばあ
松谷みよ子/童心社/0歳から
松谷みよ子あかちゃんの本 – 童心社

次女は、「いないいないばあ」が好きです。
成長すると興味を示さなくなるのは知っているのですが、1歳半くらいはまだいないいないばあで笑ってくれます。
ひざに座って読んでいるときは、絵本のページをめくる「ばあ」のタイミングをワクワクしながら待って、ページをめくったタイミングで「ばー!」と言っています。絵本に出てくる動物が、くまや黒い猫やちっさいねずみやキツネとかだけど、めっちゃ楽しいらしく、テンションがあがってくると、絵本のページをめくるだけで、キャッキャと笑うほど。
自分も手を目にあてて、いないいないばあをしたりしながら、絵本を楽しんでいます。絵本を読むと、楽しそうにしてくれるので、なによりです。

いやだいやだ!『いやだいやだ』

いやだいやだ
せな けいこ/福音館書店/1歳半から

昔からある絵本で、オバケが表紙の「ねないこだれだ」もありますが、次女が気に入っているのは「いやだいやだ」です。
この絵本は、何が気に入ってるのかよくわからないのですが、今、1日10回くらい読んで~と持ってくる絵本です。
絵本を読むと、口をとんがらせて怒った顔をしたり、首をブンブン左右にふっていやだいやだをします。「いないいないばあ」のように、ケラケラ笑うような絵本ではないですが、刺激的な内容がグッっとくるのでしょうか?

昔からある絵本も今も大活躍です。
わが家にある絵本は、絵本・こどもの本の定期便「童話館ぶっくくらぶ」で届いた絵本がほとんどです。子どもの年齢にあった絵本が届くので、よかったです。
次は、半年後くらいに、次女が気に入っている絵本について書きますね。
ではでは(^^

関連カテゴリーはこちら
1歳~2歳児の子育て
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2015年01月31日
更新日: