年越しそば・お節、お雑煮の出汁をレベルアップ!便利な福の旨みだし

PC103719 年越しそば・お節、お雑煮のダシをレベルアップ!便利な福の旨みだし
出汁を変えるだけで、年末年始のお料理がグンとレベルアップする予感。
今回モニターでいただいた、福の旨みだしは、素材6種類を使った料理用の和風だし。ティーパック状の出汁は今まで避けていましたが、使うと思っていたより手軽に和風の出汁がとれ、家族にも喜ばれました。
年末年始の料理はいつもよりいいお出汁を使った料理を作りたいわ♪
と思っていた私にはピッタリの商品でした。
通販で注文 国産とらふぐだし 福のうまみ(30包入り)

ティーパック状

福の旨みだしは、粉末状の出汁ではないので、1袋ずつパックになっています。
PC103725 使いやすいパック
これをお湯に入れてだしをとります。
出汁をとったら、袋を取り出すだけでいいので、便利でした。

30袋入りでチャックが付いている

PC103724 30袋入っています
ティーパック状で、1袋8g×30袋入りです。
使用の目安を見ていると、たとえばお味噌汁なら、水約800mLに1袋。
1袋で約6~7杯分のお味噌汁ができます。
出汁には下味がついているので、味噌の量は少な目にするのだとか。
PC103721 チャックつきで保存できる
パッケージはチャック付きで、保存しておくことができました。

6種類の素材

PC103720 いろいろな種類の出汁がブレンドされている
この出汁は、6種類の素材をブレンドしており、焙煎したとらふぐの中骨の旨みと香ばしさがウリ。
・とらふぐ
・本枯れ鰹節
・枯れ鯖節
・利尻昆布
・うるめ鰯節
・香信椎茸
鰹節の風味で、お味噌汁を作っても上品でしっかりした味になり、
お味噌汁が美味しいことで、食卓の雰囲気がちょっと変わります。
PC103773 お味噌汁
私の作ったいつもと同じ見た目の、豆腐とわかめのお味噌汁でも、
味が違うことが食べた瞬間にわかるみたいで、家族はお味噌汁を飲んで、
「あれ?いつもとなんか違う?」と言ったほど。

年末年始の料理に♪

普段、どうなのかな…とも思いながら手軽なので粉末状の出汁を使っていますが、
手軽さはそれほど変わらず、料理の味がレベルアップしていたので、
ココイチバン!という年末年始の料理に使えば今年はもっと手軽にお節料理ができると思いました。
今年ももう12月半ばです。
今年は、福の旨みだしを、年越し蕎麦の出汁、おせち料理、お雑煮の出汁に使おうと思います。
+++
通販はコチラ 福の旨みだし

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+