1歳の誕生日に、はじめてのスマホ(おもちゃ)

私の母が次女の誕生日に本屋さんで買ってくれた「たまひよごっこあそび絵本 はじめてのスマホ」。今は、子どものおもちゃも最近はスマホなんですね。長女の時はガラケーでしたよ。

1歳の誕生日に、はじめてのスマホ(おもちゃ)

っていうか、これ、スマホかな…)と、疑問はありますが(笑)

対象年齢は0才(生後7ヶ月ごろ)から6歳までが目安と、書かれており、1歳になったばかりの次女に持たせてみました。

親のスマホを持って離さない様子を見て、子ども向けのスマホを持たせれば・・・と、ばあばは配慮してくれたようですが、彼女にとって一番魅力的なスマホは、母が使っているスマホなんですよね(涙)

宇宙人から電話がかかってきました

はじめてのスマホ
ボタンを押すと、電話が鳴ったり、音楽が流れたりする、ごっこ遊びおもちゃです。

誰から電話がかかってくるのか、長女が試すと、宇宙人から電話がかかってきました。長女でもはじめびっくりして、怯えていました。
話している内容を聞けば、友好的な宇宙人です。

鬼から電話がかかってくるような恐怖の要素は若干感じましたが、基本的に友好的で、怖がらせたりはしてきません。
ただし、しゃべり方や、鳴き声が苦手なお子さんもいるかも。(うちの娘は、電車の音が怖いみたいです)

はじめて遊んだ時、泣きました(怖がった)

はじめてのスマホ

はじめて次女に持たせた時、触った瞬間にいきなり音が出ました。

思いもよらず音が出て、ビックリして、次女は泣きました。
持っていたスマホを投げて、泣きながらハイハイで逃げました。

喜ぶと思って買ってくれたおばあちゃんには、申し訳ない気もしましたが、
おもちゃを怖がる様子も微笑ましいようだったので、よかったかなと思います(汗)

2週間程度は、次女はこのスマホを見ると怖がって逃げたり、渡すと投げました。

でも、慣れてくるとボタンを押すようになりました。
怖くなくなると、夢中でボタンを連打して、遊んでいました。

いつそれを学習したのかわかりませんが、今は耳にあてています。電話をしているようです。

遊んでいるところ

次女が一人で遊んでいるところを、横目で見ました。
一人で遊んでいるので、真顔でした。

1歳の誕生日に、はじめてのスマホ(おもちゃ)
ぷるるるるる~♪ぷるるるる~♪

「でんわだよ、でんわボタンをおしてね~。」

つーつーつーつー…

次女「・・・・・・・・・」

(´;ω;`) <次女、いろいろわかってない。

「うさぎちゃんに、かけるよ~。」

とるぅうう~♪とるぅうう~♪

「ぴょ~ん、ぴょん。うさぎちゃんよ~。
 あなたのすきなたべもの、なぁに?
 わたしはにんじんがだいすきなのよ~。
 ぴょ~んぴょん。」ガチャ

次女「・・・・・・・・・」

(´;ω;`) <電話切られた・・・不憫・・・

何があっても、じーっと真顔ではじめてのスマホを見ているので、大丈夫かな…何を見ているのかな…と、確認すると、光っているボタンを見ていたようです。

ボタンを押しているといろんなお友達から電話がかかってくるのですが、なぜか、かいじゅうくんから電話がかかってくると、無言で投げます。
投げて払って遠くに飛ばすくらい、いやみたいです。なぜなのかは、私も不明。
音が出るおもちゃで、音はON/OFFできるので、音を出してほしくないときは出さないようにできます。

音の大きさも、大・小 ボリュームが調節できまますが、音が出る、刺激の強いおもちゃは避けたいという方には向かないと思います。

1歳半くらいだと好みもありますが、積み木や、コップかさねなど家の中で座って遊べるおもちゃ、うちは女の子なんですが、ままごと遊びは小学生くらいまで遊んだりしましたよ。
新聞紙や紙をぐちゃぐちゃにして遊んだり、身近なもので遊ばせても案外喜んでくれます。

関連キーワード

公開日:2014年09月20日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+