秋の味覚「あけび」ってどんな味?どうやって食べるの?

秋の味覚あけびをお取り寄せしてみた
子供のころじいさんばあさんから話を聞いて、なんとなく知っていたあけび

話は聞いたことあるけど、食べたことがないことに気づき、どんな味なのか食べてみたくなり、お取り寄せしました。
近所のスーパーなどでは見かけることがなく、どこで買えるのか皆目見当がつかないため、楽天市場のショップから注文。
今回利用したお店はこちら 庄内観光物産館

あけび初対面

あけび

通販で購入したあけびは、

山形県産 JAさかえ西村山・朝日
朝日町あけび生産組合

のもの。

品種は秋華

品種は「秋華」。

出荷用のいいあけびといったポジションでしょうか。
クール便で届く商品でした。

 実が割れる前に収穫、県内のほか関東、関西方面などに出荷している。五十嵐さんは「アケビは秋の味。独特の苦味があり、大人の食べ物。ぜひ味わってほしい」と話す。キノコや肉を加えたみそ炒め、素揚げなどがお薦めという。収穫は10月中旬まで続く。
秋の味覚、アケビ収穫始まる 産地の朝日町|山形新聞 2014年08月28日

あけび産地の山形県の朝日町では、あけびの収穫は8月の終わりから10月中旬ごろまで。

私は、春には竹の子やわらびをとりに山に行くことがあったのに、あけびを食べた記憶がなかったのは、あけびの時期が秋だからですね。
秋は山に行ったことがない。独特の苦味のある大人の食べ物だそうで、果たして子どもは食べてくれるのか?

あけびの見た目の観察

あけびの大きさ

実の大きさは、手に乗るくらいの大きさ。
特にこれといった独特の強い香りもありません。
皮はつるつるしていて、デリケートな感じです。傷みやすそうで、実際ちょっと傷んでいました。

たま~にあけび色というのを聞くのですが、この紫がかった色のことなんだろうなというのがわかりました。(あけびを見たことがなかったので、どんな色なのかよくわからなかった)

あけびはどこを食べるのか?

果たしてどこを食べるものなのでしょうか。

あけびの断面図
あけびの断面。
包丁で半分に切ると、中には黒い種。

私はこれを見て、どこが食べられる部分なのか、全くわかりませんでした。

ぱかっと割れたあけび

皮に線が入っていたあけびがあったので、手に持って触っていたら、パカッとあいてしまったよ。中身が丸見え!
なんとなくイメージに残っているあけびは、パカッと割れていたので、時期がきたら割れるものなのかというのを察しました。
説明書を見ていたら、皮の部分を食べるものだと思っていましたが、どうやら、種の部分も食べられるようです。

あけびの種部分

皮からきれいに種部分がとれました。
黒い種は食べられないけど、周りの白い部分が食べられるらしい。

あけびの黒い種

<結論>
黒い種だけは食べられないらしい
(もしかして:この種、発芽する?)

あけびを食べた感想

あけびを食べた感想

まず、あけびを生で食べました。
料理に使う食材なのかと思ったので、生で食べても大丈夫なのか?と思いつつ。

<あけびを食べた感想>

皮 → ほんのりと苦い
種の部分 → ほんのり甘い。味は柿っぽい。

皮は、生で食べたい感じではありませんでした。
種部分は、白い部分はほんのり甘くて美味しいと思いました。
しかーし!黒い種を出すのが大変すぎます(汗)

以上のことから、

じいさんばあさんから聞いた、「山であけびとって食べた思い出」は、「種の部分の白いところ」のことをと言っているのだと予想。
今回購入したあけびには、皮部分を食べるレシピがあったので、料理もしてみました。 

→→→→ あけびの料理に続く

通販で取り寄せたい場合は、時期によっては買えないこともあります。
楽天市場やアマゾンで探す際は、苗と間違えて買わないように注意してください(^^)

この記事で話題にしたあけび


庄内観光物産館で買いました
からからせんべいを
娘に買ったら喜んでもらえた♪

関連キーワード

公開日:2014年09月28日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+