年末あるある年賀はがきを買ったけど自宅印刷できない時のお助けサービス

年末に年賀状を印刷しようとしたら、なぜかプリンタが壊れるという年末あるあるに遭遇しました。
すでに年賀状を買っているのに、プリンタが壊れ、印刷できない

プリンタが壊れて年賀状が印刷できないので年賀状ネットプリントを利用

買った年賀状どうしよう?ってなった時に、「年賀はがき持ち込みに対応」しているというサービスをみつけました。

すでにご購入済みの年賀はがき 持込みサービスについて
はがき持込みの受付は、昨年は12月末でした。お急ぎください!

コンビニのマルチコピー機で印刷

コンビニに、購入済みの年賀状を持ち込んで、コピー機でプリントすれば、即日印刷可です。セブン‐イレブンのマルチコピーサービスを利用します。

・ハガキ持ち込みの場合、「インクジェット年賀状は持ち込みできない」という条件があります。
・プリントする年賀状のデザインを、自分で作る必要があります。

はがきプリント : プリント : コンビニでのサービス

プリント料金:白黒1枚20円/カラー1枚60円

自宅プリンタで印刷しようと、インクジェット年賀状を買っている人が多そうなので、持ち込みは厳しいかもしれませんね。また、宛名印刷はできないようです。

がんばるなら、裏面デザイン作成し、コンビニでプリントして、宛名を手書きでいくかな。パソコンでデータを作成するか、コラージュなどをした年賀状を、年賀状にコピーしたり、どうにか工夫で乗り切ることができそうです。

ネット注文→年賀状送付で持込み対応

ネットから申し込んで購入済み年賀はがきを送付するサービス。流れは以下です。

PC310518 年末あるあるプリンタが壊れて年賀状が印刷できないので年賀状ネットプリントを利用

送ってから届く

(1)ネットから年賀状持ち込み申込をする
(2)購入済み年賀状をその会社宛に送付
(3)自宅にプリント済み年賀状が届く

持込まれたはがきは、はがき代金に充当してもらえ、自宅プリンタで印刷するより料金はかかりますがアリですかね。

すでにご購入済みの年賀はがき 持込みサービスについて
2015年12/18(金)24:00 で受付終了。急いで!
有名なところで、挨拶状ドットコム。ここは宛名印刷が無料です。

挨拶状ドットコム 年賀状印刷から、デザインを選んでください。
デザインが決まったら、価格のところにある「ミツモリマスター」を押すと、購入済み年賀はがきを持ち込んだ場合の料金がどのくらいかわかりますよ。

※購入時のクーポンコード欄へ「はねつき」と入力いただくと500円割引になります。
 10枚くらいのプリントをしたい人ならはがき代くらいにはなるので、使ってね。
 クーポン利用期間:2016/1/31まで

通常注文して後から送ってキャッシュバック

年賀はがき持ち込みサービス(年賀家族)
上のサービスに間に合わなくて、30枚以上注文する予定がある場合。
注文してから、2016年1月8日までに、購入済み年賀状を送付すると、後ではがき代をキャッシュバックしてくれるサービスもあります。

年賀はがき持込みOK はがき料金が無料!|おたより本舗 年賀状印刷.com
こちらも、購入済み年賀はがきは、注文後1週間以内に郵送すればいいサービス。
料金も手ごろかなと言う印象です。

ネット注文→店頭受取で年賀状の持込みに対応

カメラのキタムラ ネットショップで年賀状を注文して、受取を、カメラのキタムラのショップにすると、購入済み年賀はがきの持ち込みが出来ます。

PC310519 年末あるあるプリンタが壊れて年賀状が印刷できないので年賀状ネットプリントを利用
これはいい!と思い、私はネット注文したのですが、
受取方法に「店頭受取」を選んでいなかったので、年賀状持ち込みに失敗しました。

ネット注文「お店受取り」で年賀はがきのお持ち込みに対応いたします。下記にご注意ください。
・ネット注文時に、年賀はがきを選択すると年賀はがき代込みの価格が表示されますが、そのままご注文ください。 仕上がり時にお手持ちの年賀はがきを店頭にお持ちください。年賀はがき分を差し引いて精算いたします。
・お持込対応できるはがき種は、未使用の年賀はがき(無地)のみになります。
・通常はがきや汚れているはがきは持ち込み対応できませんので、ご注意ください
宅配受取では、お持込対応はできません。予めご了承ください。
オリジナル年賀状|年賀状 写真付き・印刷・挨拶状はカメラのキタムラより引用

「宅配受取」にしてしていて、失敗しました。

「ネット注文」→「お店受取り」のみ、年賀状の持込みに対応

こういうお店は、カメラのキタムラ以外にもやってるところがあるので探してみてください。

買った年賀はがきを持ち込めるサービス

年賀はがきを買っていなければ、「ネット注文⇒宅配受取」が便利。
年賀はがきを用意しなくても、用意してくれた年賀はがきに印刷してくれます。

でも、こんなケースもありますよね。
自宅でプリントしようと思い年賀はがきを買ったけど、
やっぱり自宅で印刷できない!(プリンタ壊れた・・・とか)という時。

買った年賀はがきはあきらめ、あとで郵便局で交換するか・・・とも考えましたが、
買った年賀はがきを持ち込めるサービスが存在しているので、参考になればと思いご紹介しました。

今年の年末の自分に言いたい年賀状の攻略法

「年賀状は、はやめに準備すること」
今年の私がんばれ

PC壊れた年賀状どうしよう?

という場合には、ウェブポからアプリをダウンロードすると、パソコン・プリンタなくても年賀状をおくることができるみたいです。
スマホがあるならこちら(http://webpo.jp/sp/)から

他には、ネットで年賀状™ / スマホで年賀状™2016 – ネットでつくって、ハガキでお届け。

最後に・・・あまった年賀はがきをどうするか

郵便局で交換してもらう
 参考:書き損じはがきの交換 – 日本郵便
 ※書き損じのはがきを郵便局に持っていくと切手とかと交換できる(手数料がいる)
 ※近親者のご不幸による服喪のためなら、無料交換できるらしい(知らなかった)

書き損じはがきを募集しているところにおくる
 参考:あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン
 参考:書きそんじハガキキャンペーン実施中|世界寺子屋運動|公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

関連カテゴリーはこちら
年賀状
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2014年01月04日
更新日: