梅仁丹120のど飴・・・です

P4014971 梅仁丹の飴・・・です
梅仁丹120のど飴です。味は、たぶん・・・梅仁丹120あじ。
2013年2月11日の創業120周年記念に復刻発売された「梅仁丹120」の姉妹商品となる「梅仁丹120のど飴」です。

こちらは、ビックカメラ京都で見つけました♪
梅仁丹は人気があったようですが販売終了してしまったようで、残念だな・・・と思っていたら復刻発売されました。

梅仁丹120のど飴

P4014963 梅仁丹120の飴・・・です
11種類のハーブ(サンザシ、シソ、ケイヒ、フェンネル、クチナシ、クローブ、桃の葉、キクカ、天草、ハッカ葉、アセンヤク)が入っています。

ところで、梅仁丹ってどうなったの?と思っていたら、
梅仁丹特設サイトで、かんたんな歩みがわかりました。

1969年 梅仁丹 医薬部外品として発売
2011年3月 医薬部外品としての「梅仁丹」販売終了
2013年2月 清涼菓子として「梅仁丹120」新発売

P4014961 梅仁丹120のど飴・・・です
ビックカメラでは、1袋198円で売ってました。

のど飴を食べた感想

P4014967 梅仁丹120の飴・・・です
梅の飴は好きなので、いろいろ食べていますが、私の中ランキングは、2位くらいです。(今の1位は男梅@ノーベルです)

のど飴なので、ちょっとスースーします。
梅のしょっぱさが好きなので、それが少なめだったので、私の中では2位。
でも、梅梅しているところがよかったです。
梅仁丹売ってないよぉ~(><。
と、思ってた方、品薄のようですが、今年の2月から買えるになっています。
私は、これはまだ食べていないので、味は変わってるのかどうかわからないですが!

▼通販で買うならこちら
森下仁丹 楽天市場支店

▼関連記事
2010年に書いていた梅仁丹の記事
製薬会社が作った本格的なのど飴「仁丹の鼻・のど甜茶飴」
森下仁丹の、話題ののど飴です。

関連キーワード

公開日:2013年04月10日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+