玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

P4045037 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

この前、テレビで見て今でも覚えている、卵焼きを綺麗に作るコツを、3つ書きます。
玉子焼きを作る時にちょっと気をつけるところを書きました。

チョイ手間をかけるだけで、キレイな玉子焼きが作れるようになるので、機会があればチャレンジしてみてください(^^)

【1】白味(卵白)は箸でよくくずしておく

P4045014 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

卵を割ったら、グルグルかき混ぜるんじゃなくて、
とぅるっとまとまっている、白味(卵白)を、集中的に箸でよくくずしておく。

P4045011 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

※黄身(卵黄)の傍にある、白い塊(カラザ)を取った方がいいと言っていたけど、コレはお好みで。

P4045039 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

白味を焼く前にくずしていなければ、焼いた後に、白い部分と黄色い部分がわかれてしまったりする。
おおきな白味の塊だと火が通りにくかったりする。

味は、砂糖が多めだと焦げやすくなるので、気をつけよう。

【2】油はキッチンペーパーなどで薄くのばして調節

フライパンに油をいれたら、キッチンペーパーなどで薄くのばす。
油が多すぎるとギトギトに。少なすぎると焦げ付いたりしてうまく焼けず失敗する。

page-tamago1 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

【失敗例】フライパンに入れた油が少なすぎて焦げつき、うまくひっくり返せず投げやりになった図。相変わらずひどい。
(やる気がなくなると、スクランブルエッグなどの料理に変化する)

焦げ付きにくいテフロン加工のフライパンを使うと、失敗しにくいのでおすすめ。

【3】火加減に気をつける

火加減が強すぎると、焼きすぎてパサパサの卵焼きになる。
火が弱すぎると、半焼けになりやすく、暑い季節はお腹を壊す原因にもなるので気をつけよう。

ちょうどよいかたさに仕上げやすくするため、上手くできない時は、弱めの火加減で少し時間をかけて作ってみよう。玉子を巻く時もゆとりをもってやることができ、失敗しにくい。

page-tamago2 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

【失敗例】火が強すぎてあっという間に卵が固まってしまい、うまく巻くことができず投げやりになった図。

こういうパサパサ卵焼きを弁当に入れると、時間が経つとかたくなる。

玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

【1】白味は箸でよくくずしておく

【2】油はキッチンペーパーなどで薄くのばして調節

【3】火加減に気をつける

これらに気をつけて、自分でいい感じを習得すると、
毎回きれいな玉子焼きが作れて、お弁当に卵焼きを入れると、家族に喜ばれるようになるぞ。

うまく焼けている様子

P4045033 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

溶き卵はできるだけ薄くなるようにして、卵をちょっと箸で持ち上げ、フライパンを傾けて溶き卵を流し込む。(写真を撮っていたら焼きすぎてしまった・・・)

page-tamago4 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

溶き卵を焼きすぎないように程よいところで、巻き巻きし、それを何度か繰り返すとできました。

P4045038 玉子焼きをきれいに作る3つのコツ

私にしてみれば、上出来レベルの卵焼きが完成しました。

私は丸いフライパンで作っていますが、四角い卵焼き専用のフライパンも欲しいなと思います。
もっと練習しないとなァ…(´・ω・`)

オムレツがびっくりするほど綺麗に作ることができた理由

関連キーワード

公開日:2013年04月04日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+