白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

P2182845 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す
数年前に家族で岩手旅行した時に、夫が感動して買った南部鉄瓶。
高級品だった記憶があるのと、取り扱いが難しそうに感じたため、自宅の押入れの中で大事に保管されておりました。嗚呼、勿体無い。
この鉄瓶を出したきっかけの記事がこちら。

「騙されたと思って」に弱い私は、その言葉に背中を押されて購入を決意。自宅に持ち帰り、さっそく白湯を試すことにしました。
飲んでわかった「白湯」のうまさと、調べてわかった効能の数々 : ライフハッカー[日本版]

「騙されたと思って」に弱い私は、その言葉に背中を押されて押入れの中の鉄瓶を出すのを決意。箱から出してみて、さっそく白湯を試すことにしたのですが・・・

南部鉄瓶の見た目

P2182838 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す
箱から出して見ると、立派。数年前店で見た以来の再開となります。

写真は横から見た全体です。子供のころに読んだ「ぶんぶくちゃがま」を思い出して、(しっぽが出てきたらどうしよう。)と、ちょっと思いました。

南部鉄器のこういう商品は手作りで作られているそうで、高級品。
南部鉄器は東北の伝統工芸品で、岩手県の盛岡市などが産地なんだそう。

お店で見ていると、デザインは全部微妙に違っていて、夫が選んだのはこのデザインでした。松ぼっくりみたいなのが、ついていて、表面はブツブツしてます。
夫はお店たいそう気に入ったようで、新幹線片道分くらいの値段だったような気がするんですが、私が止めるのを聞かなかったくらい心が燃えたらしく、買って帰りました。

こういう道具を使って、家でゆっくり茶を飲んでくつろぐような暮らしがしたいんだろうな。と思います。
私は、騙されたと思って白湯を飲みたいのですが。

入れてもらった箱

P2182811 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

夫が買ったのは、三巌堂さんの鉄瓶。
買ったのは、盛岡駅のどこか(おでんせ土産館だった気がする)です。

買ったのはいいけど、ずっと押入れに大事にしまわれていた箱がこちら。

P2182815 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

あけると、こんな感じでした。

P2182821 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

蓋のつまみは松ぼっくり。
お店の人にに、丈夫なんだけど、ぶつけたりするのはよろしくないので気をつけてねと言われたことは覚えています。

P2182846 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

ふたを開けると、中はこんな感じ。
夫が中を触ったら手に黒いものがついたといったので、娘も触りたがって触ったら・・・

P2182858 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

「黒くなった!」と喜んでました。

南部鉄器の特色やお手入れ方法

P2182847 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

南部鉄器の栞というものを一緒につけてもらったので、早速使おうと読んでみました。

P2182870 白湯を飲むために、南部鉄器の鉄瓶をついに箱から出す

特色やお手入れ方法が書かれていますが、ざっと読んでみると難しそうです。
よし、これは夫にやってもらおう。といって、夫に頼んだんだけど、なかなかやってくれないです。
慣らし期間っていうのがあるらしく、内側に湯あかをつけるのだとか。
南部鉄器協同組合の部鉄器のご使用法・お手入れ法のページにやり方が書かれています。

南部鉄器は、正しい使用法に従うと次の世代まで引き継ぐことのできる比類ない耐久性、堅牢性を誇ります。
南部鉄器のご使用法・お手入れ法

正しい使用法に従い、次の世代まで引き継ぎたいので、雑な私より夫にやってもらいたいので、待っていますが、なかなか白湯を飲むまで時間がかかりそうなわが家です。

<関連・参考サイト>
南部鉄器協同組合
いわてブランド|伝統の技|南部鉄器 - いわての旅:いわて観光/旅行ポータルサイト
盛岡地域地場産業振興センターの、盛岡市産業まつりというショップが楽天市場にあり、そこで販売されている鉄瓶のひとつをピックアップしてみます。価格の参考にしてみてください。

<関連する話題>
鉄製のフライパンを去年から使うようになり、重いんだけど使えているのでちょっと自信が出来たので、南部鉄瓶も使ってみようかな。と思ったんです。
この鉄製のフライパンは外国のLODGE(ロッジ)っていうとこの製品ですが、気に入ってます。
関連記事→LODGE(ロッジ)の鉄製フライパン

関連カテゴリーはこちら
調理器具
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2013年02月25日
更新日: