夫が食べたくない、最近作った私の創作料理2つ

P2082669 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理を2つ
夫に「好きな料理は何?」と私が聞くと
ちゃんと料理の名前がついているやつ」と答えます。
いわゆる「カレー」とか「から揚げ」とか、自分が知っている料理名がついている料理がいいとのこと。詳しく聞いていると、どうやら私が作る創作料理が食べたくないらしい!
わかるよ!わ・か・る・よ~!!
というわけで、私が最近作った創作料理を2つ記録しておきます。

創作料理1「納豆ご飯春巻」

P2082670 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理を2つ
これは私の創作料理「納豆ご飯春巻」です。
作った動機は、「納豆ご飯食べるのはいいけど、ヌメった茶碗を洗うのが面倒くさいので、春巻にしたら茶碗洗わないので、いいんじゃないか!!!」というものです。
結論としては、納豆ご飯の茶碗を洗うより、いちいち春巻にして油であげるのが、めんどうくさいので、茶碗を洗うほうがマシ。だと思いました。

納豆ご飯春巻の作り方

P2082665 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理を2つ
春巻の皮に、炊き立てのご飯をのせ、混ぜた納豆を真ん中にのせます。
キッチンペーパーの上で春巻を巻いているのを、夫に見られました。やばいです。
P2082666 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理を2つ
米や納豆を入れすぎると、皮が破れるので、破れない程度にうまく調節します。
それを油で揚げます。
食べた感想は、「もう二度と作らない」です。
夫は、一口も食べませんでした。
たぶん誰も作らないと思いますが、
米と納豆を巻きたいなら、海苔をチョイスしたほうがいいと思います。

創作料理2「ネギの肉詰め」

P2192926 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理2つ
肉詰めピーマンというのが流行っていた日があり、私もミンチを詰めたい!と思っていた日の出来事。この日の夕飯は鍋にしようと思っていたので、つみれ用の鶏肉のミンチがありました。しかし、ピーマンはありませんでした。

ネギの肉詰めの作り方

P2192930 夫が食べたくない、最近作った私の創作料理2つ

適当な長さにカットしたネギの穴にがんばってミンチをつめます。
がんばりますが、無理やり詰め込もうとしてうまくいかず、ネギが破れるので、最終的にはネギで包み込むような感じになります。肉はつめていません。

どちらかといえば、肉を巻いた感じになりますが、肉を詰めたことにしています。
ネギに巻いたわりには、うまくフィットしているところが、(神業だな。)と思いました。
食べた感想は、「もう二度と作らない」です。
夫は、食べていました。周りにネギが巻かれていることに気づかなかったようです。
「塊がでかすぎる。」と言っていました。
食べないほどではないのはわかりましたが、
肉につめるのがうまくいかないのでもう作らないと思います。

この記事にリンクを張るのもどうかと思いましたが、
ネギの肉詰めを作るきっかけになったのがこの記事です。
ピーマンの肉詰め初めて作りました|ちびっこ育児の体験日記

次はこれを作ってみようと思います!!!
肉を詰めるのが超簡単そうです!

そういえば、夫が「おれ、くっくどぅ~も好きだよ。」と言いはじめたので、切ないです。

関連キーワード

公開日:2013年02月25日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+