自宅でホームベーカリーを使って「おもち」作りができる幸せ

パンだけではなく、お餅が作れるホームベーカリーを購入。

ホームベーカリーで餅作り

もち米を買っておけば、食べたい時に、できたてのお餅を作ることが出来ます。(餅つき器がなくても!)

わが家のホームベーカリーでは、もち米2合~3合をセットして、もちつきコース1時間15分で、お餅が完成。

自宅で手軽に餅を作る方法

自宅で手軽に餅を作れなかったので、スーパーでお餅を買っていました。
子供の頃は、家に、餅を作る専用の餅つき器で作っていましたが、大仕事。

ホームベーカリーで餅

もち米を蒸して~という工程と、後片付けのことを考えると、やっぱりお店で買うのが一番だよね!と思っていました。

キッチン家電に、餅つき器を増やしてまで、餅を作るより、食べたい時にだけ、出来た餅を買えばいいと思っていたので、(家で餅を作るのは無理だなあ…)と思っていました。

ある日、もちを作るコースがあるホームベーカリーを発見して購入しました。これは手軽。
もち米を買っておけば、お餅が食べたい時に、洗ってセットしておけば、蒸してついてくれる優れもの。しかもパン生地も出来る。素晴らしい。

ホームベーカリーのおもちコース

↑ホームベーカリーのメニューの中に「もちつき」コースがある
私が使っているのは、シロカのホームベーカリー。

ホームベーカリーでのお餅づくりの流れ

わが家で使っているホームベーカリーでのお餅づくりの流れです。(他社のホームベーカリーでの作り方は知らないので、参考までにご覧ください。)

お餅づくりのレシピ

もち米2合~4合分のお餅を自宅で作ることができます。

水でといだもち米

水でといだもち米をホームベーカリーのパンケースに入れて、水をいれます。

ホームベーカリーのもちつきコース

ホームベーカリーのメニューの中から、もちつきコースを選んで、スタート。

もち米を蒸している

もち米が蒸されています。

蒸したもち米を混ぜる

蒸されて柔らかくなったもち米が、パン生地を混ぜるような要領で、こねられ、餅状になっていきます。

お餅になる

餅完成。

冷ましている餅

出来立てのお餅は、熱いので冷まして、パンケースから取り出します。
パンケースの内側は、引っ付きにくくなっているので、餅がこびりついて、洗うのが大変!と言うほどにならないのがありがたいです。(羽根部分にはつきますが)

餅を丸める

丸めるのはやや大変。

手やお皿などにお餅がくっつくので、そういうのが嫌いな人は、お餅を作るより買ったほうがいいですよ~。

できたてのお餅はやわらかくて美味しいです。
お醤油をつけて海苔を巻いていただきます。最高♪

お正月用のお餅を手作りできる

鏡餅

お正月になると、鏡餅用に大き目の丸餅を作りました。
お雑煮用にも、お椀に入るくらいの大きさの丸餅を数個用意します。

雑煮

タッパーに出来た餅を流し込んで、切り餅にも。
固まったら包丁で切って、焼いて、関東風の雑煮に。

できたてのお餅が大好きな子どもが喜びます

PC311622 餅

正月の雑煮用に餅を大晦日に作ってたくさんできたので、年越し蕎麦にも入れました。子どもが喜ぶ!

ホームベーカリーで餅作り

家族の人数が少ないと、こじんまりしていますが、充分かな~と思います。
ただ、年末年始は大変忙しいので、大掃除やおせち料理の他にも、餅を作るのは面倒かもしれませんよ。

育ち盛りの子どもがいると、おやつに出しても喜ぶので、2時間以内でちょっと作れるので便利ですよ。
ホームベーカリーだとパンも作れるので、子どもがいるおうちに1台あると便利ですね(^^)
機会があれば、作ってみてください。

<ホームベーカリーの売れ筋をチェック>

楽天市場で「ホームベーカリー」の売れ筋ランキングを見る
Amazonで「ホームベーカリー」のベストセラーを見る
価格.comでホームベーカリー の売れ筋商品をチェックする

私が使っているホームベーカリーは、シロカのホームベーカリーです。

関連カテゴリーはこちら
わが家の食卓コラム
調理器具
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2013年01月02日
更新日: