Z会の通信教育、小学2年生コースの資料(2011年)

20110124-4 Z会の通信教育、小学生2年生コースの資料(2011年)
今年の1月ごろのわが家の話題になるのですが、以前話題にしてから、入会はしていなかったZ会から、小学2年生コースの資料が届きました。
1年生になってから、どういった通信教育なのか、月々の値段はいくらぐらいなのかというのを知りたいので、ネットから資料請求をしました。それ以後、特に郵便物がわが家に届くことはありませんでしたが、2年生にあがる時期(1月ごろ)に、小学2年生コースの資料が届きました。
Z会の他にも、こういった子ども向けの通信教材の郵便物が届くところがあり、どうしてもわが家に届くものとして、どうなのか?というのを、くらべてしまいます。頻度が多くない?と思うものもあります。

Z会の情報発信を見る

20110124-5 Z会の通信教育、小学生2年生コースの資料(2011年)

Z会は、検討してみようと思い、資料請求しました。

はじめの資料請求の際、任意でメールアドレスを入力することができ、「Z会総合メルマガ」を購読するか選ぶことができました。

私は興味があったので、こちらのメルマガを受信して、興味のあるメルマガを読み情報収集をしていました。メルマガの頻度は、私はそれほど多いとは感じません。

パソコン向けと携帯向けのメルマガがあり、最新号を見ることができます。
Z会のメルマガ→メルマガ|Z-style

メルマガの他にも、ブログやTwitter、Facebookでも情報が発信されています。
Z会の会員ではなくても、情報をチェックすることができるようです。

届いた資料の中には、新小2のおためし教材が入っていました。

Z会を選んだ理由は・・・?

20110124-6 Z会の通信教育、小学生2年生コースの資料(2011年)
私の親に「Z会やろうか迷ってるのよね」と、何気なく言うと、Z会と言えば受験対策という印象があるのか「高校生向け以外にも小学生からあるのねぇ」なんて返ってきました。
私も小学生の頃、Z会やりたいって言った覚えがあるのですが、だいぶ昔なので忘れてしまったのね・・・。
Z会は、幼児向けから社会人コースまであるみたいですね。

「Z会の地理」「Z会の日本史」「Z会の世界史」という、iPhone/iPod touch向けのアプリもあるようで、アプリは有料のようです。大人になってもういちどおさらいしたいなと思ったりしましたが、私は、iPhoneもiPod touchも、現在持ってないので。orz

ところで、Z会を選んだ理由がなんなのかZ会のサイトを見ていると、公開されていました。

1位 余計な付録がなくシンプルだから 19.2%
2位 教育のレベルが高そうだから 12.3%
Z会を選んだ理由は何でしたか?/小学生コース1・2年生 – Z会

なるほど。わかる!と思ったのですが、ちょっと待って。

「余計な付録がなくシンプルだから」というのに共感しましたが、他社の教材と比較して、そう感じたのかもしれません。
これを選ぶ理由にするのは保留して、考えてみると、「教育のレベルが高そうだから」というのも、私自身教材を使ったことがなく、難しそうなイメージがレベルが高そうと感じていないか、もう一度よく考えています。

小学生コース1・2年生は2011年度リニューアルしたらしい

20110124-7 Z会の通信教育、小学生2年生コースの資料(2011年)

私も娘もZ会をやったことがないので、変わったことがわからないのですが、小学生コース1・2年生は、2011年度リニューアルがあったようです。
リニューアルポイントは4つ。

「ハイレベル」を新設
受講しやすい価格設定に
経験学習が、より理科・社会を意識した内容に
担任指導者制でお子さまの学びを線でとらえる
小学生コース1・2年生 2011年度リニューアルのポイント – Z会

私がわかったのは、2つのレベルから選べるようになったということと、受講しやすい価格になっていました。

残りのポイントは、はじめなんのことなのかわからなかったのですが、3年生からの理科や社会につなげていきやすい内容になったのと、毎月の添削指導は担任指導者制ですが(知らなかった)、そこが強化された感じなのでしょうか。

私は、親や学校の先生以外にも、いろいろな先生と、娘にかかわってほしいと考えていたので、この担任指導者制というのは、興味をもちました。

おためし教材と子ども

20110124-8 Z会の通信教育、小学生2年生コースの資料(2011年)

算数のお試し教材です。

11-8の計算のしかたについて□をうめていくものなのですが、問題をしっかり読まなかったのか、わかりにくかったのか、「11-8の計算のしかた」というのを見ていなかったようで(もしかすると「計算」という漢字を読み飛ばしたか)、□の中に何を入れればいいのかわからずに、困っていました。ちょっとアドバイスすると、わかったようです。

計算の仕方を丁寧にやる教材はあまりやったことがなかったので、頭の中でやっていたことをもういちどおさらいできた感じになったようで、問題をといたあとは「なるほどね」と、娘は言っていました。

問題などを見てもわかるように、1年生の教材より漢字も増えるようですね。

1、2年生コースでは、国語と算数がメインになりますが、3年生からは、科目も増えるということでその準備期間として、2年生コースをやってみるというのもいいなと思いましたがまだ考え中!

関連カテゴリーはこちら
小学生
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+
公開日:2011年03月06日
更新日: