香琲工房「復活の香り」のコーヒー豆です。

20090317 香琲工房「復活の香り」のコーヒー豆です。
今回、MONO-PORTALのレビューモニター企画に参加することになり、珈琲好きが集まっています。
特設サイト:珈琲「復活の香り」レビューモニター企画
パソコン作業をしているとなぜかいつも隣にいる、マグカップ。中には珈琲。
私は去年まではインスタントコーヒーではなかったのですが、最近は手っ取り早いインスタントコーヒーを飲むようになりました。インスタントコーヒーは味や香りに関してやや気になる点がありますが、それほど細かいことを気にしない日常だったりするので、その手軽さに負けた?!という感じでインスタントコーヒーを飲んでいます。あと、コーヒーメーカーが壊れたというのも、インスタントコーヒーを飲むようになったきっかけです。
しかし今「豆」が我が家に、居ります。


20090317-1 香琲工房「復活の香り」のコーヒー豆です。
気になりますよね?豆。豆は豆でもコーヒー豆です。
コーヒー豆は、サントリーの香琲工房「復活の香り」のふくよかコクブレンドです。
個人的には「香りのデカフェブレンド」というネーミングに強く惹かれましたが、この珈琲は豊かな香りを楽しみつつカフェインを抑えて作られているそうなので、カフェイン入りがよかった私は今回はあきらめました。気になりますよね「香りのデカフェブレンド」。
20090317-2 香琲工房「復活の香り」のコーヒー豆です。
先ほど、開封してみましたが、匂い・・・いや、香りがすごいです。
まず、何でも嗅いでみるわたしは、その香りを嗅いで(え?おかき?)と思いました。(注意:感じ方には個人差がありますのであくまで参考にしてください)おかきと間違えるほど、香ばしいような深い香りがします。こんなことを書くと、おかきが食べたくなりました。
おかきと言ってしまってなんですが、この珈琲豆は、珈琲鑑定士の大西 達司さんと三橋守男さんが、8年もかけてコダワリぬいてつくりあげた珈琲なんだとか。そりゃあすごい!8年というと、子どもが生まれて小学校に慣れ始めたくらいの年数です。誕生した子どもが、掛け算や割り算ができるようになるくらいの年数が、コーヒーの開発に注がれていると知ると「どんなコーヒーやねん!」って気になりませんか?
こんな、コーヒーです。正しくはコーヒー豆の写真です。
20090317-3 香琲工房「復活の香り」のコーヒー豆です。
おばあちゃんにと、お土産によく買う天津甘栗みたいに、テカテカというか、ぴかぴかしていますよね。美味しそうです。あまりにもおいしそうに見えてきて、うっかり一粒食べてしまいました。食べられませんでした。食べられませんでしたが、味はいい味です。がんばったら食べられそうなくらいのいい味でした。
ということで、豆だけ自慢して、実際にまだ珈琲を淹れていませんが、我が家ではいま街で知る人ぞ知る喫茶店の店内のような、こじゃれた香りがしています。うきうきします。
これからこのサイトのどこかで、この「復活の香り」の珈琲にまつわるお話が書かれます。
お楽しみに?。

関連サイト / 外部サイト

「香琲工房」コーヒー通販オンラインショップ – サントリー
珈琲「復活の香り」レビューモニター企画(企画・運営:MONO-PORTAL

「復活の香り」レビューモニター企画】参加者の皆さまのサイト
レビュー☆クチコミ.com – インスタント主婦が、香りで癒される♪模様をレポ!
ちびっこ育児の体験日記 – 自分の夢や人生をゆっくりと考える時間を作りたい
こどもと.JP – グインサーガな時間を作りたい
ちいつもblog – 朝、ゆっくり食事できる時間を作りたい
日々歳々 – 復活の香りで復活する時間を作りたい

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+