小さな恋人。山形のさくらんぼで頬をそめる。

20080626 小さな恋人。山形のさくらんぼで頬をそめる。
夫さんのお母さんから、こんなかわいいサクランボがとどいた。
毎年この季節になると、1箱山形のさくらんぼがとどく。
今年は、山形の東根市農協(JAさくらんぼひがしね)と書かれた、ピンクの箱におすもうさんのイラストが描かれているものだった。
「○○錦発祥の地」と書かれているっぽいけれど、○○の部分に宛名が貼られていてよくわからない。


20080626-2 小さな恋人。山形のさくらんぼで頬をそめる。
とても大事に育ててくれて、出荷されているのだろうなということがとてもわかる。
実際、届いたとき、傷ひとつなくつやつやのさくらんぼがとどいた。
さくらんぼといえば、なんだかすぐ傷んでしまうイメージがあるのに、
こんなにきれいなままうちにとどくのだから、とても丁寧に大事にされているのだなあと思う。
ああ。そういえば最近、さくらんぼのおいしさを分析しているかたがいた。
たしかそこで、「○○錦」っぽい文字を見た気がする。と思い記事を見てみると、わかった。
佐藤錦
なるほど。これで謎がとけた。
ちいつもblogさんはさくらんぼでちょっとした実験をしていた。

さくらんぼにしては珍しい食べ方を試してわかりました。さくらんぼは皮の渋みがあってこそ美味しいということが。
さくらんぼ(佐藤錦)の美味しさを分析する | ちいつもblog

なるほど!
今までこんなことを一度も思ったことがなかったので、面白いなあ?と思った。
20080626-1 小さな恋人。山形のさくらんぼで頬をそめる。
うちには、1キロもさくらんぼをおくってもらったのだけど、食べられないかも。と思った。
しかし、傷む間もなくさくらんぼは娘と夫さんのおなかに消えていった。
味は、もう文章にするまでもない。美味しい。この一言です。
今が旬なので、さくらんぼもまた来年まで食べることはないでしょう。
お母さんありがとう。今年もさくらんぼを楽しむことができました。
みなさんもぜひ、おいしいさくらんぼをこの時期に楽しんでください。

この記事の関連リンク

佐藤錦の受付は期間限定です。
お中元には新品種「紅秀峰」がオススメなんだとか。

山形のさくらんぼをネット通販で購入

産地直送で日本の旬をお届け!JAタウン。 私がよく見ているサイト。

関連カテゴリーはこちら
食材

関連記事

関連キーワード

公開日:2008年06月26日
更新日:
この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+